疲れが取れない30代女性は一人暮らしで栄養失調!

朝からパソコンの前で疲れた女性

「疲れが取れない」30代なのに、疲労で押しつぶされそうな女性が増えています。

私も実は、その万年疲れた体を引きずっていたのですが、あることに注意してから、週末まで体力を温存できて、思いっきり遊べるようになりました♪

では、なぜ疲れるのか?

理由はいくつか考えられますが、30代女性に多い栄養失調が原因の1つ。そんな彼女達の1日の生活を見るとその理由がわかりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

生活の中に疲れの原因が見つかった!

「今日も仕事が辛い。どうしてこうも疲れが取れないのかな。毎日、体にむち打って、会社まで通勤している自分が嫌になる」。

へとへとで帰宅したら、食事なんて作っていられない。帰りに簡単に食事を済ませて変えるか、コンビニ弁当の日も多い。

それが疲れが取れない原因だったなんで・・・

一人暮らしで栄養失調

野菜ジュースじゃ栄養は摂れない!

ドキッとしませんか?

困った女性

家族で暮らしていれば、みんなの栄養を考えて、いろいろメニューを考えて作りますが、一人暮らしだと、作る張り合いもないので、つい手抜きがちです。

その気持ち分かります。自分の分だけってめんどくさいですからね。つい・・・

「でもまあ、野菜ジュースも飲んで、健康には気を付けているから私は大丈夫」そう言う女性が増加しています。ところが、そこに落とし穴がありました。

核家族化だけではなく、一人暮らし化も進んでいるので、野菜摂取量に問題が発生しています。

国民健康・栄養調査結果

厚生労働省が報道機関に向けて発表されたデータによれば、20~29歳、30~39歳が、他の世代と比較すると、野菜の摂取量が低くなっています。

緑黄色野菜やその他の野菜を含めて食べる量が低下しているのが、データではっきり出されています。

野菜の摂取量厚生労働省「国民健康・栄養調査」のデータよりグラフ化

野菜の摂取量の目標は1日350gとされています。

30代では240.8gと、68.8%しかありません。

この240.8gというデータは平均値ですから、一人暮らしの生活している女性の場合は、さらに少ないと推測されます。

どうみても栄養が足りていませんね。これでは、慢性的な栄養失調になっていてもおかしくありません。

栄養素の不足が慢性的な疲労に

人の体の健康を維持するのは、口から入れた食べ物だけです。

ところがその食べ物がアンバランスに偏った栄養を食べていたら、どんどん不健康に向かって突き進みます。

「でも体重は若い頃よりも増えていますけど?」と言われる方もいます。

お腹の脂肪をつかめる

問題なのはそこ。カロリーはオーバーしているのに、栄養が足りないということは、やはり食べる物に問題があります。

いまはスイーツブームで仕事で疲れた自分へ、ご褒美のケーキやチョコを食べる習慣が定着しつつあります。コンビニの作戦勝ちってところですね。

でも疲れが取れない30代女性にとって、それは魔のスイーツ

イチゴショート

甘い食べ物を食べた分だけ、野菜の摂取量は低下することが分かっています。第一、甘いもので血糖値が増えて、野菜なんて食べたくなくなりますよね。

たまに野菜を食べてから、スイーツを食べる人もいますが意味ないです。

実は糖質を多く摂れば、それを体内で分解するためにビタミンやミネラルが多く消費されてしまうのです。

困った女性

つまり甘いものを食べるなら、350gよりもっと多くの野菜を食べないと意味がありません。例えば500gとか1kgもお野菜を食べられます?

私は無理。だから甘いものを極力控えるようにしています。ご褒美はたまの週末、体調が良好なときにしています。

栄養素を多く摂取できる食事

これで決まり!

一番良いのは、様々な食材をまんべんなく食べることです。

そこでオススメなのはお鍋。これだと、様々な食材を取りあえず入れれば、美味しく食べられますし、料理の手間もかかりません。

鍋物

いまは一人鍋も流行っているので、違和感なく始められると思います。しかも生野菜だとカサが多いですが、煮れば量が少なくなるので食べやすい。

もちろん加熱するとビタミンが若干、失われてしまいます。

そういった自然のお野菜を食べた上で、野菜ジュースやサプリメントなどを、補助として活用すると、元気に仕事も遊びも楽しめます。

夏場はさすがに熱いものは苦手って人も多いと思うので、そういうときは手作りスムージーがおすすめ。

それらの食事に1つ、取り入れて欲しい食材があります。それがこちら>> 粉豆腐・高野豆腐

あれ、プロティンのような栄養があって、ダイエットにも最適です!

ぜひ、栄養失調で疲れが取れない30代女性の方は、カロリーを減らしつつ、栄養は増やしてみてください。

体が徐々に軽くなるのを実感できるはず。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする