人工知能の開発の遅れが日本や世界を崩壊・破滅させる!?

人工知能AIが完成したら、日本は、世界は楽園になる。

人工知能

人工知能が進化すれば、医学や科学の進歩は産業革命からコンピューターの登場した現在より、さらに加速して発展できます。

  • 例えば、車の交通事故も限りなくゼロになります。おそらく事故が1件でも発生したら大ニュースになるくらい、交通事故がなくなります。
  • 世界の気象の予測も精密にできるようになるので、自然災害で人類が命を落とす可能性も激減します。
  • 世界中から火事や事故も激減するでしょう。

なぜ人工知能が完成すると、そんな魔法のような楽園のような世の中になるのか?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

世界が楽園か、それとも破滅するかを決めるのは人間

人工知能は、学習能力が人間と違い桁違い。

  • 1日で数千万の論文も学習が可能になります。
  • 記憶容量やスピードが足りなくなれば、AIが自分で設計してさらに高性能なコンピューターを作ります。← 超精密なロボットが組み立てます。
  • そのロボットも設計しますし、どんどん改良します。

その結果、膨大な量のデータを1度に計算できるようになります。そうすると、どうなるのか?

例えば過去や現在の膨大な天変地異や、事故などの情報を人工知能が学習するので、対策や予防を考えてくれます。

人工知能自身が、自分を改良し続けるので、人類には進化の度合いは予想もできません。

日本も世界も破滅なのか?

日本には残念ですが、石油や鉱物資源がありません。(海底の奥深くにあるようですが、現時点では莫大な資金がかかります)。

すばらしい知能を持つコンピューター。しかし日本ではなく他国がいち早く開発に成功すれば、一体、世界はどうなるのか?

開発する国によっては、利益を独占し他国よりも有利に商品開発や技術開発ができます。

もうお分かりですよね。

人工知能を完成させた国は、あらゆる技術でも先手を打って開発できるので、特許もすべて独占できます。

スピードも人間とは比較にならない

例えば、軍事用の武器の開発。

これまで予想もできないくらい、圧倒的な早さで進みます。潜水艦、戦闘機だけではなく、人類が想像もしなかったような武器。

軍事用の武器を作るロボット。人型のロボット兵士も作れる。まさに、ターミネーターのような世界が出現する可能性も高くなります。

すでに現時点でさえ、何十キロ歩いても疲れにくいロボットスーツも実用化間近とか。

そういうロボット兵士も完成できるので、それを持たない国はあっという間に侵略されます。逆らうものは・・・です。

先に完成できれば打つ手はある

もし世界にとって有効な人工知能を先駆けて作れれば、日本は王手を仕掛けられます。もちろん平和利用が大前提。

しかし、もしおくれて二番になったら?

二番じゃダメ

それは、おそろしい。手遅れになるかも。

一番の国が悪用したり自国の為だけに活用したら、おそらく人工知能の自己進化のスピードに負けてしまうので、産業も崩壊するでしょう。

人工知能は自己開発、自分のより良いプログラムを開発します。人の作ったムダなプログラムコードを最適化するだけではなく、さらに新しい機能も追加するでしょう。

人工知能の開発は、平和利用を目指す国や企業にとって、絶対に負けられない戦だと言えます。

将棋でいえば王手。チェスでいえばチェックメイト。

でも、もしも日本が完成できれば、世界に楽園を生み出すことも可能になります。

とはいえバラ色にならないシナリオもいくつか想定されています。例えば、天才的なプログラマーが個人で、とんでもない人工知能を開発したときです。

社会的に差別されたり、経済的に追い詰められて、人類に復讐するも目的で完成させたときには・・・

怖いのは人工知能ではなく、それを生み出す人間です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする