甘酒も作れるヨーグルトメーカーならこれがおすすめ!

ヨーグルトメーカーを探していたら、甘酒も作れる面白そうな商品を見つけました。

それがこれ『TANICA 温度調節(25~70℃) ・タイマー・ブザー付ヨーグルトメーカー ヨーグルティアS 1200ml YS-01 (グリーン)』

しかも甘酒以外も作れるので、欲しくなりました。

調理可能食品

  • ヨーグルト
  • 甘酒
  • 塩麹、醤油麹
  • 味噌、納豆
  • 天然酵母
  • 温泉たまご、コンフィ

温泉たまごも作れるなんてすごい!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

設定温度が高くできるのがポイント

温度設定の範囲が広い

普通のヨーグルトメーカーって40度くらいが一般的。

甘酒は60度くらいの温度がないと作れない。だから甘酒はできない。

でもヨーグルティアS 1200ml YS-01は25~70度までの範囲で、保温できる機能があるので、甘酒だって余裕で出来る。

通販・最新価格 TANICA 温度調節(25~70℃) ・タイマー・ブザー付ヨーグルトメーカー ヨーグルティアS 1200ml YS-01 (ホワイト)

温度設定ができるから失敗しない

温度が高いと失敗する甘酒

以前、自家製の手作り甘酒を紹介(自家製の甘酒が美味しい!作り方と節約レシピ付!)したのですが、温度設定を気をつけないと温度が上がりすぎて失敗します。

炊飯器で作る方法だったので、メーカーや機種によっては温度が上がりすぎて、酵母菌が死滅する恐れがあります。

そうなると甘味がでないので、温かいお粥とまでは言わないですが、あまり美味しくない甘酒になってしまいます(汗)

冬の失敗もなくなる

これで決まり!

そこで保温の温度を設定できれば、失敗を防げるし再現性(いつ作っても同じ品質)も高くなります。

いろんな温度で発酵する菌を増やせるので、お味噌や温泉卵も作れるわけです。

価格はちょっとしますが・・・

25度から設定できるので、低温で発酵するカスピ海ヨーグルトも作れる♪ 寒いとき、オンリ管理画が難しいから助かります。

※注 温度設定は±3度あるので、精密な温度管理が必要なものには向いていません。とはいえ、そんな精密な必要性は感じませんね。

除菌も簡単

ヨーグルトメーカーを使うと除菌の手間がいらないので、失敗することがないので、トプラン ヨーグルトファクトリーがイチオシですが。

ヨーグルトメーカー ヨーグルティアS 1200ml YS-01は、電子レンジでチンするだけで除菌できるように、容器が耐熱になっているので助かります。

笑顔

これだったら、めんどくさがり屋の私でも続けられそう。朝起きたら、作りたてのヨーグルトが完成しているので楽です。

でもたぶん私は、甘酒専用マシンとして使いそう。甘酒は温度管理が難しい。ヨーグルトだけなら、ヨーグルトファクトリーの方が手軽かな。

甘酒も作りたいとなら、断然こちらがおすすめ。R1を増やせば、すぐに購入代金も回収できそう♪

これ、うちの母親に誕生日プレゼントにしようかな。

こちらの手作りコーナーも人気です!

レンジとオーブンの焼き芋

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする