7000円以下で買える、初心者におすすめベイトリール!

ベイトリールとバス

ベイトリールを釣りを初めて間もない方も、選ばれるようになって驚いています。

最初はトラブルが多いですから。ベイトリールの激安なリールを手にして、ライントラブルで嫌になって使わなくなった・・・と聞くともったいな~と。

ベイトリールはスピニングリールと違って、ちょっと値段が高めだから安いのは性能がその分低め。

そこで『7000円以下で買える、初心者におすすめベイトリール!』と題して、使える機種をランキング形式で選びました。

あくまでもその価格帯の中で、良い物という順位です。高級機種と比較するような無粋なことはしていません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ベイトリールの選び方

ベイトリールの入門機は、ズバリ使いやすさ。

いくつか、使いやすいのがあります。ただ、ちょっとだけ注意点をお伝えします。

過度の期待はしない

ボディがアルミだから樹脂だから剛性(リールの強度等)がどうとうか、入門機に求めてはダメ。

そんなのは2万円以上のクラスで求めてください。お金が人にあげるほど余っているなら、高い高級機を迷わず買いましょう。トラブルも少なく高性能です。高いので当たり前ですが…。

下記にまとめている特徴は、高級機種との比較ではありません。同価格帯以下での話しです。

私のようにお財布事情が気になるけど、ベイトリールを試しに使ってみたいという入門機を探している方向けにまとめています。

ベイトリールは釣り具の大手、ダイワさんとシマノさんを中心に販売されています。(シマノさんは低価格帯だけでいえば、ベイトリール分野では少し得意かなという印象)。

その他、気になる他のメーカーの機種があるので、それも合わせてまとめました。

シマノ リール 13 バスライズ

rank3

シマノ リール 13 バスライズ

  • 価格: 4300円
  • 最大ドラグ力:4.5kg
  • ギア比:6.2
  • 3.5号糸付き
  • ナイロン糸巻量(号-m):3号165m/4号120m/5号100m
  • 自重:200g(本体のみの重量) 軽いと疲れにくい。

  • ※注 シマノ リール 12 バスライズ ← 淡水専用 型番は間違えないで。

簡単な特徴

  • 飛距離が出せる。飛ぶ。
  • ちょっとハンドルが硬めかな。
  • スピナーベイト
  • 質感はプラスチック。

入門用としては、十分に使えるベイトリールです。

ダイワ(Daiwa) ベイトリール バレッタ100H

rank3
ダイワ(Daiwa) ベイトリール バレッタ100H

  • 価格: 7000円以下。アマゾンは7762円でした(汗)
  • 最大ドラグ力:4.5kg
  • ギア比:6.2
  • 3.5号糸付き
  • ナイロン糸巻量(号-m):3号165m/4号120m/5号100m
  • 自重:230g(本体のみの重量) 少し重いかな。

評判はなぜか、あまり良くありません。ベイトリールの低価格帯は、シマノがファンも多く強い。

決して使えないわけではないのですが、同価格帯のシマノさんのバスワンXTが圧倒的な人気で影に隠れてしまっています。

「7000円だすならバスワン」という人が多いですね。

なぜかベイトリール バレッタ100Hを使ったことがない人が、バスワンの方が良いというのは、ちょっと違うかな~。

じゃや、あなたはどれを選ぶの?って言われたら、バスワンって答えてしまう自分がいます(汗)。これは論じやなく好きか、嫌いかとういう問題です。

タカミヤ(takamiya)REAL METHOD alegria-SP

番外

REAL METHOD alegria-SP 
価格:6800円前後

TAKAMIYA(タカミヤ) REALMETHOD alegria-SP 73RH KB-182(73LH KB-182)

  • 淡水ルアー用(バスなど)
  • REAL METHOD ゼロポジションの後継機

ゼロポジションがセールで3980円で販売されて騒然となりました。

店舗標準価格:10800円 → 3980円ですからね。一気に在庫が売れたようで、廃盤となっています。

その後、後継機という位置づけだと思われますが、バス・淡水用ベイトリールとして『REAL METHOD alegria-SP』シリーズが登場しました。

ただし、店舗標準価格:6800円(通販でも同価格)なので、同価格帯との比較で評価としては厳しく見られてしまいます。

とはいえ、売れ行きは・・・どうでしょう。かなり苦戦しているように思えます。これ、期間限定でも値引きされたら、また一気に売れるようなシリーズのような気がします。

残念ですが、周りに使っている方がいなくて、まだ使っていないので、使い勝手などは不明です。そのためランク外とさせて頂きました。

もう少し価格が下がれば・・・4000円台ならすぐにでも・・・という感じです。タカミヤさん、○○フェアーで期間・数量限定でやってもらえませんか?

それと、同価格帯で海用(ソルト)も期待したいところ。

Abu Garcia(アブガルシア) リール BLACKMAX-L

rank2

Abu Garcia(アブガルシア) リール BLACKMAX-L
価格: ¥ 5000~(6400円 送料込み)

  • ギア比:6.4:1
  • 最大ドラグ力:6.8Kg
  • 自重:225g

カッコイイですし、コストパフォーマンスに優れています。

樹脂っぽい感じが価格の安さを教えてくれますが、そこそこ使えるベイトリールです。

6000円前後ですが、十分に飛ばせるリールです。旅行にいくときのサブにもちょうど良い感じ。

でもここまでだすなら、あともう少し予算を追加して次に紹介するバスワンを手にして欲しい。

シマノ リール NEW バスワンXT (右)

ランキング1位

シマノ リール NEW バスワンXT (右) 左もあります。
価格:6800~7000円以下

ダントツの1位

  • ギア比:6.2:1
  • 最大ドラグ力:4.5kg
  • 自重:220g
  • ナイロン糸巻量(号-m):3号165m/4号120m/5号100m

カッコイイ~。樹脂ですが、私は好きです♪

人気度も高く多くのファンがいます。このシマノ リール NEW バスワンXTでベイトリールになれて、徐々に高級機へと移行されます。

サブとして持つ人も多く、入門機としては文句のない失敗しない一品。この価格帯では名機。

大きな欠点も見つからず(若干、巻くと硬めですが・・・)、たまにしか釣りをされないなら、バスワンは十分過ぎると思います。

子供用にプレゼントという方もいますが、釣り友達にプレゼントしても喜ばれるでしょう。

まとめ

イチオシ

シマノ リール NEW バスワンXTは、やっぱり良いですね。

初心者におすすめと題してベイトリールをまとめましたが、スピニングリールに慣れてから、バスやシーバスに使って欲しい。

いきなり最初からベイトリールは、ちょっとライントラブルなどで嫌になるかも。

ベイトリールも、タカミヤさんの『REAL METHOD ゼロポジション』クラスが、安定的に3980円くらいで販売が継続されるようになれば、もっと普及するのですが・・・ちょっと贅沢ですね(汗)

REAL METHOD alegria-SPが気になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする