リビング?子どもは勉強机で勉強すると成績が上がらない!

机で勉強?

「うちの子どもが、ぜんぜん勉強机で勉強しない」

そもそも勉強って、机でしなくちゃいけないのでしょうか?

親は学習机がけっこうな値段がするので、もったいないからという理由もあると思います。

それに勉強は『机で』という常識は、勉強ができる人からしてみれば、非常識かもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

勉強をする場所を決めるのはナンセンス

あるテレビ番組で、東大生がどこで勉強しているか聞くと、リビングという方がいました。

その場所を再現すると、家族がテレビを見ている横で受験勉強をしていました。

リビングで勉強

「まさか、こんなうるさい場所で、勉強なんてできるわけがない!」と、思ってしまいそうですが、現実には東大に合格しているのです。

この例は、特別な人ではないことが分かりました。かなり多くの人がリビングで学習しているから驚き。

では、なぜリビングで勉強をするのでしょうか?

無音の部屋で勉強がはかどらない

たとえば全く音のしない部屋で勉強をしたとします。

「これで勉強できるぞ!」と、思うでしょうか?

大抵、私たちは何かの音を無意識に聞いています。ところが音が全くないと、教科書をめくる音、自分自身の呼吸、文字を書く音。

逆に静かな方が落ち着かない。

むしろ適度なクラッシックなどの音楽がある方が、勉強がはかどります。

私はアナログ時計は置かないようにしています。あの時計のカチカチという音が深夜、みんなが寝静まると『うるさい』。静かすぎても、音は気になるんですよね。

「でもテレビと話しは違うでしょう?」という方もいますが、その人にとってみれば余り変わらない。

音楽がかかっている方がはかどる

この記事、音楽を聴きながら書いています。

以前、ヘッドフォンをして無音に近い状態で書いていたのですが、どうもイマイチのらない。

そんなとき、気分転換にお気に入りの音楽を音量を落として聴いたら、予想以上にはかどりました。

「あ、やっぱりリビングでも勉強できる!」と、自分でも実感しましたね。

こんなケースは?

リビングにノートパソコンも置いてあるのですが、テレビがかかっていても問題ありません。

自分が気になるテレビ番組を見てしまうなら、その時間にヘッドフォンで音楽を聴けば解決です。

ちょっと一息入れると、耳に聞こえてくる音楽を意識しますが、集中しているときは全く気になりません。

むしろ無音よりも、音楽があった方が休憩時間の間隔も長くなって驚きました。

リビングで成績が下がる

リビングで勉強をしたら、成績が上がるという前提でお伝えしていますが、下がる場合もあります。

勉強はすぐに結果がでるものではないので、しばらく時間がかかるケースもあります。

これは子供さん個別に違うので、一概には言えません。

受験勉強のスタイル、やり方は色んな方法がありますが、ドラマ『ドラゴン桜』の基本的な考え方は、東大生(堀江貴文さんも、同様なことを発言)が見ても納得できるものだと言われています。

結論

勉強机で全然勉強しないで、リビングにいる子供でも勉強すると成績は上がります!

これで決まり!

もちろん、子供が自分でうるさくないという前提ですよ。本当に自分がうるさければ、避けるはずですから。

我が家

うちの子もリビングで大半、勉強をしていました。成績は上がっていますが、「机じゃないと成績が下がる」ことはありませんでした。

リビングのテレビや家族の会話が爆音だったら、さすがに勉強どころじゃないかもしれませんが、隣と会話できる程度の音量であれば、むしろプラスになります。

逆にその程度の音でイライラするようなら、受験会場で試験を受けるときにも気になって、集中して本来の力を出せない。

ある程度の音(ストレス)に慣れておくのも有利。

せっかくなので、ご両親もお子さんの近くで本を読んだり、資格の勉強を一緒にされてはいかがですか?

その方がお子さんのやる気もアップしますよ。

勉強のやる気に関してはこちら。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする