竿が折れた!釣り初心者ベテランの真似はしてはいけない、ある理由

竿がボキッと折れたベテランと同じ釣り方をしたら竿が折れた。

釣りをしていると、どこからみても釣り初心者さんが、難しいことをして釣りをされていることがあります。

例えば大物狙いなのに、細くて剛性のなさそうな釣り竿を使って釣りをされています。

具体的なメーカー名や名前は伏せさていただきますが・・・・

もし、それで魚がかかっても、糸が切れるか最悪、竿が折れてしまいます。それを防ぐための釣り方などをまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

大物狙いなら良い竿を使う?安い竿でも釣るコツ

最近、百均の竿や千円程度の竿を使って、大物を釣り上げる方がいます。ところが初心者さんが、それを真似しても釣りになりません。

今日の釣果・・・ゼロ

気が動転している母親

魚の引きを本来は竿が吸収してくれるので、糸切れが防げるのに竿にその力がないから、プチッと切られてしまう。

竿が折れる釣り方

あまり丈夫ではない竿で、無理に竿を立てて釣ろうとすると、竿の途中からポキッと折れてしまいます。

竿が折れる釣り方

ベテランの折れない釣り方のコツ

ベテランの方が折れそうな竿でも折れないのは、大物が釣れたら変な釣り方をしているはず。

例えばヒットしたとき、なぜか竿を糸と平行に持って糸を巻いています。どちらかというと、根掛かりしたときにやる竿の持ち方。

折れない釣り方

なぜ、こんな釣り方をするのかというと、そのまま引き上げると竿に負担がかかるので折れてしまうから。

それなりの竿を使うと、粘り、弾性があるので極限まで折れずに、力を押さえてくれます。でも安価な竿は、そこまで強くないので竿が力を受け止められず折れます。

それを押さえるために、竿を平行にして力が竿ではなく、リールに直接、伝わるようにして巻きます。これはベテランのさりげないコツです。

難しい釣り方してませんか?

でもこのやり方、一歩間違うと糸が切れやすく、針も外れやすい。とてもスリルがある、難しい釣り方です。

もし大物をつり上げたければ、ある程度の竿を使う様にしないとバラすだけではなく、竿の損傷につながります。

ハゼやアジ、フナ程度であれば、そこそこ釣れます。

ただ、もしこの記事を読まれたら大物が釣れたとき、ベテランと同じような釣りの仕方をすれば、竿が折れるのは防げるかもしれません(自己責任でお願いします)。

あとは糸が切れるのを防ぐため、ベテランよりは太い糸(ライン)を使えば、釣り上げる確率が上がります。

釣りを始めた最初から、いきなりそんな釣り方は、あまりおすすめは出来ませんが、そういう釣りの楽しみ方もできます。

お金がないと釣りしちゃいけない?

人によっては「貧弱な竿やリールで釣りをするのを、許せない」という方もいるようです。

怒るおじさん

言い方は別して、それも一理あるのは、さきほどのようなテクニックを使わないと釣りにくいので、本来の釣りの楽しみが半減するから。

困った女性

道具は高いものを使わないとダメっていうのは極端。高いものではなく、安くても良い物を見つけて釣れば良い。

ただし釣り具のダイワのCMのような、100年長持ちできるリールとは違い、塩水などがつくと錆びてしまうので、メンテナンスはしっかりしないといけない。

耐久性や強度などに差がでてくるのは、使う材質なども違うので仕方のないところ。

とはいえファミリーフィッシングで1年に数回、しかも子どもの夏休みに合わせていくだけ、というレベルならあまり難しく考えないでも良いと思います。

趣味だから楽しんで欲しい

お金が貯まるまで、釣りに行かないのはもったいない。

笑顔

それだったら、少し竿のランクを落としても、1回でも多く釣りにいって頼む方がよっぽど楽しい。

趣味だから1回でも多く楽しんでもらいたい。

ここでいう釣り竿やリールのランクは、竿は数千円~5000、6000円クラス。

リールは1500~5000円クラスをさします。

あとは予算に合わせて選んでください。もしその価格帯で、1回や2回で壊れるようなのは、たまたまアタリが悪かったということです。

詳しくはこちらにまとめています。

参考 初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

そこそこ高いものでも、1回で折れる竿もあるので確率の問題です。

竿がポキッと折れた

品質管理が徹底されていないのか、輸送中や発送時になんらかの問題があったからかもしれません。

気が動転している母親

いずれにしても、そこまで粗悪なものに出会う確率は少ないです。といいつつ、先日、アタリの悪いリールを購入してしまいました。

釣り初心者の方が、これから釣りを始めるなら、ベテラン釣り師の真似るところと、真似てはいけないところに、注意して釣りを楽しみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする