いびきで別居、離婚の恐れ|眠れないストレスを解消するには

うるさくて眠れない

毎晩、深夜になると主人のいびきがうるさくて、ゆっくり眠れない。
疲れているときに限って、これだからストレスがたまってしまいます。

最初は別室も考えたけど、広い家じゃないので無理。こっちもイライラしているときは、別居も考えたけれど、それなら・・・と、本気で離婚まで考えてしまいます。

でもいびき以外は、主人に不満はありません。そこでなんとか、いびきを止められないものか。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

離婚を回避するいびき対策

いびきがやっかいなのは寝ている間の出来事。そのため、いくら本人に注意してもがんばりようがないのが、話しを難しくしています。

もし、相手に聞く気があれば、グッズをまずは試してください。

参考 いびき予防グッズ

いびきで離婚は洒落になりませんから。

自分でできる対策

『いびきがうるさい』と感じているのは、自分自身の眠りが浅いのも原因の1つ。

これで決まり!

人はレム睡眠と、ノンレム睡眠という眠りが浅い深いが交互になる寝方をしているのが、脳波で分かっています。

まずパートナーがいきびを発する時間に規則性がないか調べます。これは簡単でスマホやICレコーダーで録音すれば、すぐに時間がわかります。

それを何日か調べて規則性があれば、その時間に自分が一番深い眠りになるように、寝る時間をずらします。

22時に寝る

もし、それでも起きてしまう場合は、逆にいびきの音がうるさいときに、眠りの浅いパターンになるように寝ます。

こうするだけで、深い眠りではぐっすり寝ているので、体の疲労や疲れは蓄積されずに解消されます。

もちろん、これはあなただけの問題ではないので、パートナーにも不規則な寝る時間をするのではなく、規則正しく眠るように優しく相談しましょう。これだけで、いびきが軽減できるはずです。

ストレスを発散する

いま言ったようないびき対策をしつつ、自分のストレスを別のところで解消するようにしましょう。

もしパートナーとの普段の関係は良好なら、どこかに日帰りバス旅行などにでかけたり、ホテルでランチを食べる、そんな余裕も心がけてみてください。

ただし、あまり長距離だとバスで寝て、またいびきを思い出すかもしれませんので、日帰りで十分です。笑顔

たまには自分へのご褒美もあるとストレスも軽くなります。

パートナーへの声のかけ方

相手も寝ている間の出来事なので、自覚症状がありません。そこでまずは、「録音して音を聞いてね。」と、軽く伝えます。

それで自分の大きないびきに、逆にびっくりして「ごめん。こんなに大きいとは思わなかった。」と謝って理解してくれるパターンも。歯ぎしりも同じことです。

ちなみに私は、いびきはあまりかかないようですが、寝言でびっくりさせているようです^^;

これは自分でも自覚するときがあります。というのも、自分のねごとにびっくりして起きることがたまにあるので。ほんとごめんなさい。

まとめ

寝る時間をずらす方法や、グッズも効果的に活用しましょう。

それでも改善できない場合は、もしかすると無呼吸症候群の恐れもあり、突然・・・・なんてことにもなりかねないので、一度、耳鼻咽喉科に診てもらうのが安心です。

女医

「いちまでも一緒にいたいから。」とか、付け加え、命の危険も伝えて、一度、受診するようにしましょう。

もしどうしても改善できない場合、自分用に安定剤などをもらって、取りあえず睡眠をしっかり取るようにするのが大事。

質の悪い睡眠は体だけではなく、心もイライラしてお互い口喧嘩が増えてしまう結果になるから。

うちの場合は、だいたいまくらや、あとダイエットなどの効果もあってか、いびきはほとんど気にならなくなりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする