損してません?ブラックバスは食材!釣って食べて駆除する道

ブラックバスは美味い「ブラックバスを飼育して逮捕されました」。

そんなニュースをみて、何とかならないものかな~と。

「バスって釣るのが楽しいけど、食べられないでしょう?」とかいう人。

ほんと、損してません?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ブラックバスは食用魚だよ

ブラックバスは美味しい。

かなり古い書籍ですが、ダイワ釣魚全集【改訂版】P208に、ブラックバスについて、こんな記述がありました。

川魚の中でも1~2を争うほど美味で、塩焼き、バター焼き、ムニエル、フライ、コーキルが良い。

「え~ブラックバスって、おいしいのか。じゃ、食べてみよう」。という単純な発想で、釣りに出かけました。

このとき私にとって、ブラックバスの初釣行。

まだネット情報もない時代だったので、バスは釣って食べるのが当たり前と考えていました。

バスを食べる時代へ

実際に釣って食べてみると、

「え!?鯛みたい」。

笑顔

ブルーギルも食べましたが、こちらは身がしっかりしている印象で、やはり美味しい。

たぶん釣り人は、食わずぎらいでしょう。一度、食べると美味しさが分かります。当たり前だけど、食べないと味は分からないです。

一時期、ブラックバスは駆除の対象魚となっていましたが、近年、琵琶湖などでも食べる魚としてアピールが始まっています。

先ほども言いましたように、ブラックバスは食べられる魚です。私も自宅で調理して食べて分かったのですが、塩焼きは美味しい。

今度、フライも試してみようと思います。おそらくあの身の感じでは、黒鯛(チヌ)のような感じで、ふわふわして美味しいでしょう。

釣り動画の人気ユーチューバーがバスを食べた

釣り動画を公開されている、人気ユーチューバーが、ブラックバスを料理して「美味しい」と食べているシーンが公開されています。

それでは、いくつか紹介していきます。

KENTANTAI 健啖隊 けんたんたいさんの動画。『ブラックバスを釣って食う 定番料理フライ Largemouth bass fishing. Catch & Eat.』

8分17秒あたりから調理シーンが始まります。

その他にもたくさんの方が、ブラックバスを調理されています。

参考 YouTube ブラックバス 食べる

ブラックバスは、大型になると脂が臭いのですが、適切に脂を取り除き調理すれば、淡泊で美味しく食べられますよ。

いままで食べられないと、捨てていた方は損をしています。

琵琶湖でブラックバスが食べられる

滋賀県立琵琶湖博物館内のミュージアムレストランでは、琵琶湖バス料理が食べられます。

調理に自信がない方や、観光のついでに立ち寄る機会があれば試してみてください。

下記はメニューの一例。

  • バス天丼
  • バスと琵琶鱒の天丼
  • 近江御膳(バス天ぷら)※こちらは要予約
  • なまず天丼もあります。

情報

  • 休館日:月曜日 (博物館の休館日に準ずる)
  • 場所:滋賀県草津市下物町1091番地 滋賀県立琵琶湖博物館内
  • TEL:077-568-4819
  • 営業時間 11:00~17:00

公式サイト http://www.nanyouken.co.jp/nionoumi/biwabasu.html

場所は、琵琶湖の位置でいうと、この辺り。

詳細地図はこちら。

まとめ

ブラックバスが、ここまで日本中に拡散してしまったので、完全に駆除するのは難しい。

参考 ブラックバスの駆除は賛成だけどその後の魚の処理が問題!

そこで漁業関係者様には、資源として活用も検討して頂きたいと思います。

また琵琶湖などのレストランでも、ブラックバスを名物の1つにして欲しい。また美味しいという発信も、どんどんしていくと美味な魚という印象が定着すると思います。

こういうのって、印象操作なんですよね。良いものを、本来の価値に気づいてもらう印象操作なら良いと思う。

ブラックバスを、どんどん釣って駆除して、食べましょう。

家計の足しにもなるわ。

【釣りの関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする