カフェと喫茶店の大きな違いポイントまとめ

つい先日、たまたま見つけた喫茶店に入ってびっくりしました。

おしゃれないわゆるカフェのようでした(^○^)

そのとき友達からカフェと喫茶店って、どこが違うんだろうという議論になりました。そこで調べたら意外な事実がわかりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

大人のカフェ

カフェ

違いを一覧表にまとめました。

カフェ 喫茶店
『飲食店営業』の許可が必須 喫茶店営業の許可が必須
アルコールが出せる。 アルコールは出せない。 
食事全般  主に軽食

この2つの一番、大きな違いは、『酒類 』が出せるかどうかです。

ワイン

実務上、カフェと喫茶店の大きな違いは、営業するためにお役所に許可を申請している種類にあります。

カフェは『飲食店営業』を申請。
喫茶店は『喫茶店営業』を申請します。

ここで注意したいのは、カフェと喫茶店を区別した場合に上記の表の様に分けただけということ。

たとえば、あなたがおしゃれなカフェを開きたいけれど、アルコールを出さない場合は、喫茶店営業の許可でもOKということです。

反対に喫茶店でアルコールは出さないけれど、将来のことを考えて飲食店営業を申請しても構わないということです。

アルコールを提供する場合の許可の問題だけだです。

【ちょっと豆知識】

このほかアルコールを深夜に提供する場合は、『深夜における酒類提供飲食店営業営業開始の届出』が別途必要になります。申請される場合は、都道府県のホームページなどで申請用紙をダウンロードできるのが一般的になっています。

カフェのイメージ

私達は、カフェと喫茶店をアルコール以外の視点で見ていると思います。

  • カフェはケーキなどの種類が多い。
  • 分煙(喫煙・禁煙の席も分けられている。)
  • パスタなどの料理が充実している。
  • 友達と誘っていける。
  • 女性客が多い。

こんなイメージではないでしょうか。

喫茶店のイメージ

  • モーニングなど、朝にコーヒーとトースト、ゆで卵などがでてくる地方のイメージ。
  • 分煙はされていないので、男性向きな感じ。
  • 家族経営で運営されていることが多く、常連客が多い感じ。
  • 軽食、サンドイッチとミックスジュース。コーヒー。
  • なんとなくレトロで昭和なイメージ。

しかし近年オープンされる実際の店舗は、かなりイメージと異なるようになってきました。

実際のお店

  • 私が行く喫茶店は、外観や店内はカフェの感じ。
  • 分煙もされていて、ケーキセットなども充実している。
  • 家族経営だけど、アルバイトもいて繁盛している。

アフタヌーンのケーキなどのメニューもあり、女性が気軽に入りやすい店作りになっていて、いわゆる喫茶店のイメージとはかけ離れています。

許可は喫茶店営業で、カフェのイメージで運営されています。

観光地は当てはまらない

古民家喫茶

観光地に行くと出されるメニューはカフェでアルコールも提供される。しかし造りはレトロな古きよき昭和の香りがする喫茶店のような雰囲気がでています。

もちろん飲食店営業を申請されているはずです。つま立地などによっても、メニューや店作りが大きく変わるということですね。

昭和の時代から開かれている喫茶店は、あなたが考えているお店だと思いますが、近年、オープンした喫茶店は、カフェの良い所が取り入れられている所が多いでしょう。

カフェと喫茶の違いまとめ

最大のポイントはアルコールを出せるか、出せないかだったのです。ただし、都市部にある外観が喫茶店の場合は、喫茶店営業許可だけだと思うので、お酒が出せるところは少ないと思います。

でも私は、アルコールはあまり強くないので、店選びに酒類の選択肢が初めからないので、カフェでも喫茶でも、雰囲気が良くて分煙されていて、ケーキセットがあればOKです(*^^*)

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする