ダイソーのiPhoneケーブルと充電アダプタを使ってみた結果

ダイソーのiPhone用のケーブルと充電アダプタ

2018年3月12日にダイソーで購入した、iPhone 用の充電ケーブルと充電アダプタの使用レビューです。

しかもケーブルは改良版らしい。期待が高まる!

まずアップルのMFiケーブルではないので、購入したらいきなり使用できないなんてこともあります。

2週間ほど前に、ダイソーやセリアに行って探したら、在庫ゼロの状態だったのですが、今回、出掛けてみたら在庫がたくさん販売されていたので、最新iOSに対応している可能性が高い。

早速、使ってみました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

ダイソー iPhone ケーブルと充電アダプタ

まず結論からいうと、ダイソーのiPhone用のライトニングケーブルも充電アダプタも問題なく使うことができました。

ケーブルは長さが短いですが、これで100円なら十分です。むしろ純正が長いので短いのが1本、欲しかったのでちょうど良い感じ。

  • iPhone用ケーブルは50cmで100円(+税)。
  • 充電アダプタは200円(+税)。

さすがにアダプタは200円ですが十分です!

ケーブルとアダプタの使用レビュー

普段は、純正かMFi認証ケーブルしか使ったことがないので、公式に認めていないものを使うのは初めてでした。

充電時の電圧と電流

  • 電圧:4.8~5.17V(実測値ですが、あくまでも目安にて)。
  • 電流:1A(こちらもだいたいです)。

iPhone7を充電しました。バッテリーが少ない間は電圧が4.8V前後、電流は約1Aで充電していました。

満充電に近づくと、電圧が5Vになり、電流は0.4・・・0.3・・・0.2・・・0.1と徐々に低下します。

電流の変化

これは電流を少なくして、精度良く満充電にするためで、様々な充電器でも同様の仕組みになっていると思われます。

今回の使用状況からいうと、『問題なく使える』。

充電アダプタは、1Aの電流が流れているときは、純正と同様に最初は温かくなりますが、満充電に近づくと電流も少なくなるので、手で触っても温かくはありません。

流れる電流が純正と変わらない感じなので、充電時間もほぼ同じ(ダイソーのケーブルと充電アダプタでテストしました)。

これは純正と変わらないスペックか!?

良い買い物だったと大満足・・・いまのところ(笑)

スポンサーリンク

ライトニングケーブルとアダプタの補足

ダイソーのiPhone用のライトニングケーブル

  • ライトニングケーブルの補足としては、長さが50cm。
  • 充電専用で、パソコンと接続してバックアップはできないのでご注意ください。
  • 5V 2.1Aの仕様。

このスペックからすると、急速充電にも対応しているようです。内部の線が太くっているので1Aなら余裕でしょう。

daiso iphoneケーブルのパッケージ

片面接触タイプで、差し込む方向が決まっています。UPSIDEが上面。

もし間違えても、充電がされないだけので心配はいりません(笑)

daiso iphone 充電アダプタ

  • 充電アダプタは海外でも使用可。
  • 入力は100~240Vまで対応。
  • 供給される電流は1Aまで。

iPadやタブレットは充電できません。

iOSのアップデートで認識されなくなったら?

「でも、安いのは使えなくなることあるよね?」

ですね。安いのには理由があります。

純正やアップルの認証を受けている商品は、認証用に小さなICチップが入っているので、バージョンアップでも使えます。

以前、断線したケーブルを分解したら入っていました。

しかし認証されていないダイソーなど100均のケーブル類は、iOSのアップデートで使えなくなる可能性はあります。文句は言えない。

どれくらいで使えなくなるか分かりませんが、認証されているケーブルでも使えなくなるケースもあるようなので、それを考えると100円(+税)なので使えなくなったらまた買い換えても問題はないように思います。

個人的には半年も使えれば、十分に元以上は取れると考えています。

こういうケーブルは、予備で使わないよりも普段使いの方が良いと思います。純正こそ、停電や災害時に安心して使いたいですからね。

家ではダイソー製。外出時や災害時は、純正という使い方が良いかもしれません。

旅行時や電車内でバッテリで充電するとき、ケーブルが使えないと最悪。やはりいざという時は、安心の純正です。

スポンサーリンク

純正が断線することも

OSのアップデートでも問題はない純正のケーブル。しかしコスト削減のためか、断線しやすいデメリットがあります。

そんなときのため予備にダイソーのケーブルがあれば安心。先ほどはいざというとき純正と言いましたが、純正も使えなくなる可能性があるので、予備に持っているのもありです。

なんにしても純正は髙いので、予備ケーブルに1本、ダイソーなど100均のケーブルがあっても困りはしないでしょう。

まとめ

ダイソーもiPhoneライトニングケーブルを、地道に改善しているのが分かりました。

もしアップルの公式な認証(MFi認証)を得て作れば、価格は高くなりますが安心できるので、ぜひラインナップに加えて欲しい。

300~400円なら、私は迷わず買いますね。

今回のレビューで使えることが分かったので、ケーブルを追加で買い増しする予定です。

結局、なんだかんだで高級なケーブルと100均のケーブルが複数あるので、いざというときどれかが使えるでしょう!

保険に予備はある方が良い♪

しかしリスクもあるので、MFi認証していない商品の使用はあくまで自己責任でお願いします。下記の記事は要チェック!

参考 100円ショップのiphoneケーブルは認識しなくなるので充電できない!

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする