使える?ダイソーのLEDヘッドライトの購入レビュー

ダイソー【LED】ヘッドライト

先日、釣り用にヘッドライトを購入したのですが、ダイソーでも200円(+税)で見つけたので、怖い物見たさで買ってみました。

結論からいうと、使い勝手がイマイチだったので、ついでに改造してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ヘッドライトの感想・レビューと改造

まず最初にお断りしておくと、ダイソーなどの100均のものは、ロットによるバラツキや、商品の改善で断りなく、部品やデザインが変更されます。

daiso led hedlight

そのため、他の方のレビューとは異なることも予想されます。

明るさは十分に釣りに使えるレベル

ダイソーのLEDヘッドライトの明るさ

明るさは、ルアーの交換やエサ付けなど、手元で作業をするような場面でちょうど私好みの明るさでした。

比較

エナジャイザーのヘッドライト HDL250 ブラックと比べてみた感じは、サブLEDと、ほぼ同じくらいの明るさは確保しています。

笑顔

手持ちの照度計で無理矢理に計ってみると、やはり同等の数値を示していました。

足元を照らすくらいの明るさは確保しているので、非常用にも使えるのではないかと思います。

ただし高性能なヘッドライトではないので、単純に点灯、消灯しかできません。赤色などは、自分でセロハンを貼り付けるなどしないと、色は変えられません。

また明るさも最大で、サブLED程度なので、大人数で部屋を明るく照らすような用途には向いていません。

防水仕様ではないため、釣りなどの用途で晴れの日なら使えます。

少しだけ気になる点

ダイソー製なので、実売価格で5倍、10倍の商品と比較して、あまり厳しく評価するのも心が痛みますが・・・

電池がボタン電池(リチウムイオン)の2032を2個で点灯時間が、7~8時間(カタログ上)なので、実際には5時間程度ではないかと考えています。

私が電流を測定したら、点灯開始、直後は80~90mA流れたのですが、すぐに下がり50~60mAで落ち着きました。(個体差があるので、あくまで私の所有しているLEDの場合)

ボタン電池2032は容量が約200mAで、2個使うので合計400mA。

50mA流れるとすると、400mA÷50mA=8(時間)

余裕をみて5時間くらいは、十分に使えそうな印象です。

実際に、どれくらいか分かりませんし、LEDが焼けてしまうかもしれません。もし、その場合には、抵抗を入れるかLEDを交換して改造するのも、ネタとしては面白いですね。

電池自体は、ダイソーで2個100円(税別)で購入できるので、入手性は悪くないと思います。

私は予備に1組、ヘッドライトのベルトに付けるようにしています。これなら一晩、何とか使えるでしょう。

アピタの駐車場で助かった

先日、アピタの駐車場でクーラーボックスに、鮮魚を入れようとしたら・・・

「暗い」。

昼間だというのに、暗くて物が見えづらい。蛍光灯の間隔が広くて見づらい。

節電か、経費削減かは知らないですが・・・

そこでスマホの照明を使おうとしたのですが、ちょうどダイソーのヘッドライトを持っていたので試してみると・・・

笑顔

これが便利!

両手が使えるのは、助かります。

車内に1個、ヘッドライトがあっても良いかも。

裏技の使い方なのか?

「あ~初期不良をつかまされたかな・・・」

気が動転している母親

実は、購入したとき接触不良で、点灯しませんでした。

そこでいつものクセで、分解を始めましたが、その時に気づいたのが、ボタン電池1個でも点灯する。

ボタン電池(2032)は1個3V。つまりダイソー製のLEDヘッドライトは、2個使って6Vで点灯させています。

おそらくLEDは3V前後で点灯するハズなので、点灯しても不思議ではないわけです。

実際に1個で試すと「ちょっと暗い」。

これで決まり!

そりゃ電圧が半分だから、仕方がないです。でも、1個でも新品の電池なら実用上は問題なし

この方法。非常時(地震など)で灯りがないとき、取りあえず長時間、灯りが欲しいときは1個ずつ電池を使う方法もありかな~と。あくまで自己責任でお願いします。

だけど3Vで点灯させると、LEDの負担はグッと減るので、焼けなどの心配はなさそうなので、メリットもあります。

実際に、暗いか、十分に使えるかは、それぞれの使い方や環境、好みもあるので、気に入るのかは試してみてください。

ダイソー製だから気軽に改造できる

ここまでは、正規の使い方か、電池1個の変速的な方法でしたが、改造するのも面白い。

YouTubeを見ていたら、やはりヘッドライトを改造している方がいました。

bemarunekoさんのこの動画『改造してみよう!! ダイソー200円ヘッドランプ 充電式に改造完了。』

ボタン電池ではなく、バッテリーを搭載して充電式にされていました。他にも応用ができそうで参考になりました。

私が改造するなら

単4を1~3本で点灯するように、昇圧回路か定電流回路を使いますね。

長時間、点灯させるなら単3を1~2本使うのも、面白いかもしれません。

あと、このヘッドライトは、スイッチがなく点灯させるときは、ライトの部分がネジ式になっているので、それを回して締めると電池に接触して点灯する仕組み。

これ、私はLED懐中電灯で慣れているので、許容範囲ですが面倒な方は、スイッチを付ける改造もありでしょう。

ただプッシュ式のスイッチは、大抵が押したときだけ電流が流れる方式(これを専門用語で、モーメンタリという)なので注意が必要。

もし、押して点灯させたいなら、オルタネイト型プッシュスイッチを使うと良いでしょう。このスイッチは、押すと電気が流れ、もう1度、押すと消えるスイッチです。

興味がある方は、秋月電子さんで購入できます。

秋月電子 オルタネイト式のスイッチ

まとめ

ダイソー(100均)で、ヘッドライトが200円(+税)で購入できるのは凄い。

百均の商品に、デザインとか耐久性とか、そんな野暮なことは言いません。

他の人の意見はどうだか知りませんが、私としては晴天が前提ですが、性能としては十分にありだと思います。

これは複数人で釣りに出かけるときに、使ってもらおうと思います。車やカバンに、1個、入れて置いても、いざと言うときに良いかも。

もし性能にこだわるなら、こちらをオススメします。

【LEDライトの改造などの記事】

釣り目次:初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする