段ボール箱の虫対策!そのまま収納に使うと虫がつくからダメ!

靴下の収納

引っ越しのときに出た(余った余分な)段ボール箱を、収納に使うケースがあります。

うちの場合には、運んだものの取り扱いに困った用品があるので、一時保管にしています。

このやり方、「虫が発生するからダメ」と、友人から言われました。

とは言っても、段ボールを加工して収納するアレンジが流行っています。

「それも全てダメなのでしょうか?」その理由と対策を考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

段ボールの構造が問題だった!

良いことと悪いことがあります。まずは良い特徴をおさえておきます。

とても良い段ボールは素晴らしい特徴を持っています。

  • 軽くて、持ち運びやすい。
  • 紙で出来ているのに強度がある。
  • 加工しやすい。
  • 保温性が高い。

このようなメリットもありますが、デメリットもあります。

問題は、このようなメリットが仇となって悪い側面もでてきます。

段ボール箱のデメリット

ダメ段ボールは、使いから次第では便利ですが、次のような欠点もあります。

  • ベースが紙なのでカビが生える。
  • 水分を吸収しやすく、腐りやすい。
  • 保温性が高いために、虫が冬越しできる。

段ボール箱は、内部が中空になっているので、保温性が高く虫にとっては隠れ家になります。

例えばゴキブリは、段ボール自体がエサにもなるし、隠れ場所としても最適。冬越しするのも、段ボール箱に侵入できれば良い住処(すみか)として機能します。

しかも見つかりにくい!

困った女性

このようなデメリットがあるから、虫を育てていることになるというのですね。

でも使い勝手がよく便利です。室内で使うだけなら、腐ることもまずありません。また段ボール箱にカビが生えるくらいなら、家中にカビが生えているはずです。

つまり段ボールが悪いわけではないですね。また木材と同じで、湿気があるときは室内の水分を吸収してくれ、乾燥したときはその水分を放出してくれメリットもあります。

これは木材の家と同じ効果ですね!

なんか良い感じですよ。このようなことから、工夫次第で段ボールを収納に使っても問題なさそうです。

虫対策すれば使って大丈夫

結局、一番の問題は虫対策

それさえクリアできれば活用できるので、答えはでました。

例えばゴキブリは、ゴキブリダンゴを使って駆除すればOK。

ゴキブリ以外にも巣を作る虫がいるので、こちらのアイテムでよそに行ってもらいましょう♪

このような対策さえすれば、段ボール箱ガ原因で虫が増えるなんてこともありません。

むしろ家中から虫を駆除できてメリットの方が大きくなりますね!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする