引っ越しで使う【ダンボール箱の値段を安く抑える】方法より大切なこと!

引っ越しで使う段ボール箱は、荷物が多いと数が必要になります。

業者によっては、無料でもらえる所もありますが、それって料金に含まれているので注意が必要です。

そこで引っ越しの値段を安く抑えるための方法をまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

段ボール箱の値段をまずは把握しよう

段ボールの価格

ホームセンターでも、折りたたまれた段ボール箱が売っているのですが、高いのか安いのか判断ができないので、そういう時は大手のネット通販の価格を見ると分かります。

引っ越しで良く使われる120サイズで比較しました。

amazon

(外寸46×35.5×高さ32cm)

  • 10枚セット 2250円(1枚225円)
  • 20枚セット 3360円(1枚168円)
  • 30枚セット 5520円(1枚184円)← なぜか高い。

楽天市場

(45×35×高さ33cm)

  • 10枚セット 1690円(1枚169円)
  • 20枚セット 2750円(1枚138円)
  • 30枚セット 3790円(1枚126円)

楽天市場の方が安いですが、品質面で同じかはわかりませんが、すぐに底が抜けることはないでしょう。

サイズが若干異なりますが、内寸と外寸の表記の違いもあるかもしれません。まあ誤差の範囲ですが、大きなものを入れる場合は、サイズ140など大きめのサイズを選びましょう。

必要な段ボール箱の数には余裕を持たせよう

引っ越しで分からないのは、どれだけ段ボール箱が必要なのか分からないこと。

おおよその見当をつけて、引越業者に段ボール箱を頼むにしても、足りなくなると面倒です。

困った女性

価格は10個より30個の方が安いので、あらかじめ多めに注文する方が良いですよ。余裕をみて多めに頼む方が安心ですすしね。

きっちり計算しても、後から入れるものが増えてしまいがち。うちも引っ越しのときに、10個くらい余裕を持っていたら最後はギリギリ。

もし余ったら、引っ越し先で簡易もの入れにしてみては?

引っ越し業者の段ボール箱の対応

会社名 対応
サカイ引越センター 大小最高50箱まで。
アリさんマークの引越社 プランによって異なる。単身プラン20個
家族の引越 最大50個までサービス。
クロネコヤマト引越センター 引越料金に含まれている。
アーク引越センター 有料 42×27×31cmで1個250円
引越しのエディ 必要に応じでもらえる。

これらの情報を見ると、ほとんどの会社で段ボール箱はもらえるプランが用意されています。

とはいえ、無料でもらえるけれど、クロネコヤマト引越センターさんのように、『引越料金に含まれている』というのが正しいのではないでしょうか?

「もらえる。サービスします」というのは、遠回しに料金に含んでいますということ。

無料ですと言った方が、顧客は得した気分になりますからね。このあたりは商売上手だと感じました。

問題は引っ越しした後、段ボールの始末。業者さんが引き取ってくれる場合もあるので、その辺りが気になるようなら確認しましょう。

うちはリサイクルに出しました。

まとめ

これで決まり!

段ボールが有料のプランの場合は、ネット通販で買うと安く費用を浮かせられます。

もし引っ越しまでに時間があるなら、スーパーなどで買い物のときに、袋ではなく頂ける段ボールで詰めて持って帰るというのも良いかもしれません。

あるいは激安のホームセンターがあれば、段ボール箱をそこで調達できるとお得。

問題は、全体の引っ越し代金の方が大きいので、段ボール箱だけの値段に惑わされず、最低3社で見積もりして、費用のトータルで考えるのが損しないための条件です。

関連記事

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする