朝スッキリ起きるなら電気毛布は(プログラム)タイマーじゃないと意味がない!

いままで電気毛布を使っていて、ある不満がありました。

それは寝ているとき、温度設定が高いと寝苦しいこと。毎日、外気温は変わるので部屋の温度も微妙に変わります。

寒い日はちょうど良いのですが、少し暖かい日は電気毛布が暑くて夜中に起きてしまいます。そうなると寝不足で朝がスッキリ起きられないときも。

かといって温度設定を下げると、寒い日は寝られずにやっぱり夜中に起きちゃう。

寝ている間は体温を下げる方が熟睡できるのですが、温度設定が難しい。

そこで電気毛布は温度センサーが付いていて、温度を多少は調整してくれるタイプが使いやすいです。

それとプログラムタイマーがついているものが使いやすい。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

タイマーじゃダメ!プログラムタイマー付の電気毛布

普通のタイマー付の電気毛布は、時間が経過すると電気が切れます。でも朝って寒いので、電源のスイッチが入って欲しい。

普通のタイマーだと入るか、切るか、どちらかしかできないので使いにくかったですが、プログラムタイマーだと、切れてから入れることもできるので便利。

だけどそんなに多くないんですよ。プログラムタイマー付の電気毛布って。あんまり儲からないのかな。

YMK-M53 プログラムタイマー付

プログラムタイマー付の電気毛布を探すと、必ず山善(YAMAZEN)という企業が出てきます。

「山善さんて知ってます?」

私が見つけた時、最初はあまり聞いたことがないメーカーだったのですが、電気毛布業界では、テレビでおなじみの家電メーカーよりも有名なのが山善さん

ソニーやあの東芝、パナソニック、シャープは知っていますが・・・

マジで知らなかった(汗)

電気毛布で調べると、必ず山善さんがでてきます。それくらい有名な会社が、かなり力を入れて世に出したのが、YMK-M53 プログラムタイマー付。

最初、電気毛布になんでタイマーがついていないんだよ!って不満を持っていたのですが、調査したら売っていたので嬉しかったです。

やっぱり私みたいに不満を持っている人が多いので、それを形にしてくれたメーカーがあったので安心しました。

どうしても欲しい電気毛布があって、でもタイマーが付いていないときは、タイマー付コンセントを買いましょう。

朝に温かくするのがスッキリ起きられるポイント

人の体って体温が低いと、体が活動を開始しないので起きづらい。

仮死状態とは言わないまでも、体の温度が低いとそりゃ起きられない。私みたいに低体温で35度台だと朝はつらい。

だけど電気毛布を使う様になって、朝に温かいと起きやすくなりました。朝、起きなきゃいけない時間の1時間前くらいに布団が温かいと、すっと起きられるのでびっくりしました。

「こんなにすっきり起きれるんだ!」と正直、感動しました。

もちろん前日の夜に遅く寝たら、そりゃダメですよ。

体を中から温めるなら、こんな方法があります。>>【温活宣言】体を温めたら体調が良くなりました!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする