ダイエットは歩くだけでは痩せない!運動で痩せるポイントは筋肉破壊

体重計とメタボの女性

毎日1~2時間くらい歩くだけでは、ダイエット効果で5キロも10キロも痩せることはできません。

もし歩いて痩せたいなら4~5時間は必要だと感じています。

1~2時間、毎日、歩いたのですが1~2キロしか痩せませんでした。

それ以上、継続しても体重は変化しません。歩いて痩せるのは、まず無理。

でも、なぜ?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

運動で痩せるポイント

運動で痩せるポイントは、筋肉破壊で子どもの体になること。

疑問を感じた女性

「どういうこと!?」

20代までは、何を食べてもほとんど太りませんでした。

太らない理由は、子どもの体は新陳代謝が活発だから。だからスリムな体型を維持できます。

「じゃあ、新陳代謝って、突き詰めていくと何なのか?」

それは細胞分裂が活発だということ。

体が大きく成長するというのは、体の細胞が激しく分裂して、食べた栄養を消費してくれるから。

ところが30代を過ぎる頃には、基礎代謝が低下して細胞分裂も遅くなります。

それを活発にすれば、余分なエネルギーが消費されて、ダイエットできるという考え方です。

筋肉の細胞、組織を破壊する筋トレ

筋トレすると、ダイエットできる原理を考えてみました。

ご存知のように、筋トレすると翌日、あちこちが痛くなります。

それは筋肉の細胞が、破壊されたからです。

筋繊維が破壊

筋トレは、筋肉の繊維(筋繊維)を切ると、再生したとき以前よりも太くなります。同じ負荷を与えても、次は筋肉痛になることはありません。

ただし数ヶ月、同じような筋トレをしないで休むと、また筋肉が細くなるので筋肉痛になります。

運動するだけで、ダイエットできない方は、体への負荷が足りないといえそうです。

歩くだけでは、負荷はかからない

これは私の場合のですが、毎日1日7~8km歩いたところで、数ヶ月で体重はせいぜい1~2kg減ったくらい。

徒歩でダイエット

たった1kg、2kg。

1日1時間半~2時間弱歩いて、この程度。

「もう忙しいのに、やってられない」。

もちろん、この距離は、家の中や買い物、通勤なども加えています。

とはいえ、ダイエット効果はたかが知れています。やはり歩くだけでは、劇的に体重を減らす効果はありません。

あくまでも私のケースで、もしかしたら、体質によっては減るかもしれませんが・・・

筋肉が再生するのにエネルギーを使う

別に私は研究者ではないので、あくまでも自分の経験から導き出した答えです。

これで決まり!

体の筋肉を破壊して再生するときに、細胞がかなりのエネルギーを消費するので、ダイエット効果が高いのだと推測。

実際に体の負荷をかけると、体重は減りやすいのは、経験したり、理解ていることだと思います。ただし、つらいので長続きしませんが。

だから運動でダイエットの効果を期待するなら、ある程度の筋トレは必要だと考えます。

歩く効果はある

歩行、徒歩の効果を否定はしません。

歩いた分だけ、カロリーは消費されるから。

でも1つ疑問があって、私は10kmくらい一気に歩いたことがあるのですが、途中から体がふらふらしてきました。

困った女性

いま考えると低血糖になっていた可能性があります。体の中に使えるエネルギーが少なくなった状態だと考えました。

「それなら、脂肪を分解してくれるから、痩せるんじゃないのか?」

私もそう思ったのですが、どうやら脂肪を燃焼してエネルギーに変換してくれる機能が衰えているのか、遺伝的に劣っているのかもしれません。

おそらく、これが太る体質かもしれません。研究で明らかにして欲しい。

と、ここでひらめきました。

脂肪を燃焼する機能が劣っているのか、脂肪を燃焼させる栄養素が、もしかしたら不足しているのではないかと考えました。

まとめ

運動でダイエットしたいなら、ある一定以上、筋肉に負荷をかけた筋トレをしないと、効果は限定的。

ただ、運動をする場合、1つ注意点があります。

いきなり激しい運動は体を壊す

普段から運動していない人が、いきなりやり始めると故障の原因になります。

まずは準備から始めないと。例えば、ダンベル体操や歩きを2~3週間やってから、筋トレなどの負荷がかかる運動に移行する。

このようにしないと、怪我などにつながりますから。

不安な方は、専門家の方などに相談してからの方が安心です。

【ダイエット関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする