軽量1~2gのジグヘット、ワームを使って飛距離アップのシャローフリーク仕掛け

シャローフリークは飛ぶ

ダイワやダイソーのジグヘッド1~2gとワームを使うと、小型のシーバスやアジが釣れます。

でも飛距離が出ません。柔らかいM(ミディアム)の軽量ルアー向きのロッドと細いPEを使っても、もう一歩、届かない。

そんなときに飛距離を伸ばすなら、あの仕掛けを活用します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

飛ばしウキ(フロート)と組みあわせる

1gのジグヘッドとワームなんて、どれだけ工夫してラインを細く抵抗を減らしても、単体では軽くて飛ばない。

そこで飛ばしウキ(フロート)を組みあわせると、いままで届かなかったポイントまで飛距離を出せます!

仕掛けとしては、こんな感じ。

シャローフリークを使った仕掛け。FシステムFシステム(公式サイト:アルカジックジャパン・ぶっ飛びロッカー・ライトゲーム

メバルはリーダー60cm、アジは1mくらい。

いや~あ、この方法なら、頑張ってフルキャストしなくても、楽に投げても遠くに届きます。

そこでいま注目されているのがFシステム。

LureNews.TVさんの『激釣フロート系アジング! シャローフリーク大解剖』で軽量ジグヘットなどを飛ばすとき自社の『シャローフリーク』を使ったFシステムを考案され公式に採用されています。

動画でも解説されていますが、この仕掛けのメリットは、アタリの感度が良いこと。

飛ばしウキを、メインのラインから枝に分岐させたところに取り付けるので、仕掛けが直にラインと直結しているのがポイント。

さて、どんな動きをするのか?

水中での動きは、こちらの動画の7分43秒あたりから見られます。

これなら遠投しても、微妙なワームの動きが得られるので有効ですね!

通販・最新価格 シャローフリークを楽天市場で詳細を見る。

釣れる魚とFシステムの補足解説

シャローフリークや飛ばしウキ(フロート)を使った仕掛けで、主に釣られているのはこちら。

  • アジ
  • メバル
  • シーバス

仕掛けの作り方、こちらの動画『豊西和典、泉南ゴロタ浜シャローアジング』こちらのが分かりやすい。

2分50秒くらいから、イラスト入りで詳細な解説をされています。必見です!


(6分13秒くらいから、実践的な解説に入ります)。

釣りの現地の暗いところで、いきなり仕掛けを作ると失敗するので、明るい自宅で練習してから実釣に向かいましょう♪

浅場の河川の砂時で小さなセイゴを狙う場合は、リーダーは30~50cmでも釣れます。

※補足 動画中、シャローエリアという語句がでてきますが、水深1~2mくらいの浅場のこと。

Fシステムのメリット

  • 浅い砂浜でも攻めることができる。
  • 海藻を避けられる。
  • 岩場やカキなどがある場所でも、根掛かりしない。
  • 中通し式よりも飛距離を出せる。(50メートルくらは飛ばせる)。
  • 感度が良い。

比較的、簡単な仕掛けなのに、いままで狙えなかった沖までFシステムを使えば、ワームで狙えるメリットは大きい。

ぜひ、実際に試して実感してください。

【関連記事】

トップ 初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする