ファムズベビーがどんなものか調べてまとめてみたよ

ファムズベビーは保湿バリア

赤ちゃんって、皮膚も薄くて、すごく敏感ですよね。ちょっと顔をひっかいただけで、赤くなったり血がでたり。

先日、赤ちゃんの肌荒れに、ファムズベビーが良いらしいという情報を入手しました。

そこで、どんな商品なのかを調べたので、せっかくなのでまとめてみたよ。

ファムズベビーの特徴

ファムズベビーは、次の様な特徴があります。

説明する女性

  • PM2.5やカビ、ウイルスなどから肌の保護。バリア。
  • 普通の生活をしたら8時間くらいの保湿が期待できる。

肌が荒れるのは、皮膚の表面のバリア機能が低下するからですが、乾燥肌が主な原因の1つ。

バリア機能が低下すると、ちょっとした刺激で肌が赤くなったり、湿疹が目立つ様になります。

それを防ぐ働きがあるのは、肌の弱い赤ちゃんには良さそうですね。

ファムズベビーは類似品と、ここが違う!

良くありがちなのが、お肌を健康にするためにビタミンCなどの栄養を浸透させます。

ところがファムズベビーは類似品と違い、ヒアルロン酸などを与えるわけではないってこと。あくまでも肌の表面に保護バリアで作って、肌の保護が目的で使うもの。ここが違います。

何もしないと、肌の水分が蒸発して、その隙間から刺激物質に侵入されてしまいます。

バリア

そのため、刺激成分の影響やアレルギーで肌を傷める心配が少ないので、赤ちゃん向きです。

あくまでも悪い物質を、肌に直接、接触させないようにする。この差は、肌の弱い人には大きいと思います。

 薬を処方された体験談

私は肌が弱いだけではなく体も弱く、例えば風邪薬を処方してもらうと、必ずと言っていいほど胃腸がやられてしまいます。

薬と体温計

そこで今度は、胃腸を弱らせないような薬も追加で出されます。

でも、今度は副作用の影響なのか、手が震えることがありました。薬が強かったみたい。そのため今度は、元の薬の分量を減らされました。

薬を薬で抑えて、結局、その薬の分量を減らすという、何をやっているのか分からない状況になりました。

ファムズベビーは、薬で治すというよりも、刺激を与えないようにしてくれるので、自分の力で、肌の細胞を修復しやすいように助けてくれるものだと思います。

最近は癌を薬で治すのではなく、自分の免疫力を高める薬で自己免疫力をアップして、悪い細胞をやっつけるような治療法もあるのですが、それと同じような感じ感覚ですね。

あくまでも肌は自分自身で治す。それを助ける助っ人のような存在。だから肌に優しく、利に叶っているように思います。

肌の弱い私にぴったり。

顔や頭にも使えるファムズベビー

説明する女性

  • 手や足だけではなく、顔や頭にもファムズベビーが使える。
  • 肌をバリアしてくれるので、化粧の下地にも使えるので良いかも。
  • 金属アレルギーにも使えるので、彼にプレゼントしてもらったネックレスで肌荒れしそうな状況でも、保護してくれるので使えますね。
  • 他にも靴ずれ、マメの予防。
  • 蒸れ、冬場、かかとのカサカサなんかにも使える。

肌に何か、弱いところがある人に良さそうです。

坂道を歩いているとき、ちょっと苦しくなったとき、後ろから補助してくれるイメージですね。

まとめ

良いことずくめのようですが、あくまでも後ろから背中を押してくれる感じの商品なので、自分の力が弱いと効果は発揮できません。

その事だけは注意しておく必要があります。あまり酷い場合は、皮膚科でお医者さんに診てもらって、ちゃんと治療をしてもらいましょう。

とはいえ、そこまで酷くなければ、保湿とバリアで十分に期待できそう。試す価値は十分にありそうです。

一本で全身使える!
『ファムズベビー』

ファムズベビー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする