魚をつかむ道具【フィッシュキャッチャー】の高評価な商品を見つけた

バス、シーバスや黒鯛を釣り上げたとき、魚をつかむ道具があります。

その名前は『フィッシュキャッチャー』というもので、お値うちなのに高評価な商品を見つけました。

価格は2000以下で入手できるものの中では、評価が高い魚をつかむ道具(魚つかみ器)です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

安くて評価の高いフィッシュキャッチャー

評価はこんな感じでした。

  • 魚をしっかりつかめる。
  • 軽量で滑りにくい。
  • 価格の割に作りがしっかりしている。

基本性能をおさえているので、高評価につながっていると感じています。

通販・最新価格 Univarcブランド 【メーカー保証書付属】 フィッシュキャッチャー 魚掴み器 フィッシュグリッパー フィッシュグリップ 軽量 釣り カラビナ メーカー保証書 豪華3点セット! フィッシュキャッチャー 魚掴み器

こういうのは高額ではないですが、あれば釣りが楽しくなるのでプレゼントにも良いかもしれません。

こういうのを使って、大きな魚を写真に収める、という目標も立てられますからね!

魚をつかむ道具が必要なわけとは?

これで決まり!

魚をつかむフィッシュキャッチャーという道具が、最近、注目されているのは、このような理由が考えられます。

  • 魚をつかみやすい。ヌメリのある魚など。
  • 握力が弱くても魚をつかめる。
  • 直接触りたくない。
  • カッコイイ。見栄え。
  • みんなが使っているから。

魚を釣ってから、針を外してリリースするまでの動作で、フィッシュキャッチャーがあると、安定して魚をつかみやすいから。

なまずなんか、素手で触りたくもないですね。トゲや毒をもった魚の場合も、しっかりと魚体を固定するのに助かります。

それといま、ツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどで写真を紹介するとき、見栄えを気にされる方もいます。

手でもって、パシャっと人物と撮影した方が、友人にも『自分が釣った』とアピールできますからね。

それに写真を撮るときに、魚を持ちやすい。

笑顔

また、釣り番組や、ユーチューブなどの動画でも、魚をつかむ道具を使っている方が増えているためだと思われます。

また釣りガールと呼ばれる、女性が増えてきたのも理由の1つかもしれません。

いずれにしても、釣りをするのを楽しむためのアイテムが登場したからでしょうね。

長持ちさせるメンテナンス

釣行に出かけたら、必ず帰宅後は水洗いをしましょう。

蛇口と水

サビだけではなく、塩が稼働部分に結晶化すると傷が付く原因になるからです。

熱いお湯ではなく、水で十分。お湯だど、金属部分以外を痛めてしまうかもしれませんから。(取り扱い説明書があれば、それに従いましょう)。

洗ったらテッシュなどでできるだけ水分を拭き取って、風通しの良いところですぐに乾かしましょう。

なお、海や道で落とすと紛失や故障の原因になるので、落ちない様にフックなどで体に取り付けて落下を防ぎましょう。

TOP>>初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする