ヘチ釣りにぴったり!7000円以下のフローティングベストのおすすめはこれ!

ライフジャケット

「手ぶらでヘチ釣りがしたい」。

ヘチ釣りは、歩いて、歩いて、歩きまくる釣り。1日5~10km、歩くのはザラの特殊な釣り。

手荷物は無くして、体に身に付けるのが移動には、圧倒的に楽ですし、釣りに集中できます。

もちろんそれだけなら、普通のベストでもいいのですが、ヘチ釣りは柵がない堤防などで釣りをするため、転落の危険があります。

釣り人として安全性も兼ね備えた海に落下しても浮いてくれる、ゲームフローティングベスト(釣り用のライフジャケット、救命胴着)の装着は必須。

そこで収納面も考慮して、フローティングベストの選定を行いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

タモを背中に付けられるフローティングベスト

背中にタモを引っかけられないと、ヘチ釣りのフローティングベストとしては不満です。

そこで調べていくと、良さそうな商品を発見しました。

私が良いと思ったものを、ランキング形式でまとめました。

プロックス フローティングゲームベスト PX399KK

ランキング1位

プロックスのPX399シリーズは、いくつかあります。

女性で体重が60kg以下であれば、PX399SKK、PX399SKR、PX399SKGの型番でOKです。

それ以上の体重、大人の男性であれば60kg以上、例えば75kgの方は、PX399KK、PX399KR、PX399KG。

型番の違いは、色違いです。

イチオシ

PX399KK

人気があるのは、ブラック×ブラックあたりかな。

本当に海に落ちたときは、オレンジ色などが良いのでしょうけれど、専用の救命胴衣と違い、あまりそういう色を製造しているメーカーはありませんね。

下記は、プロックス(PROX) フローティングゲームベスト 大人用フリー ブラック×ブラック PX399KKです。

これを1位にした理由

  • タモを引っかけるD管が大きいこと。
  • 標準でドリンクホルダがついていること。
  • 反射ワッペンがついていること。

釣り動画をYouTubeで公開されている、釣り二郎つりきゅー部さんの『売り切れ御免!PROXゲームベスト!!レビュー!コスパがやばい!PX399SKK』も参考になります。

タカミヤ REALMETHOD ベーシックゲームフローティングベスト

rank2

  • タカミヤ(TAKAMIYA) REALMETHOD ベーシックゲームフローティングベスト。
  • サイズ:フリー
  • 色:ブラック
  • 価格:6200円前後

ポイント

ランディングネット装着用に、後側(背中側)に大型Dカンが搭載されています。タモをひっかける位置が高いのが良いかな。

販売ページで、他の画像を見られます。

反射するシールをつけた方が、落ちた時に発見されやすいと思います。

国土交通省基準対応モデルのライフジャケット Bluestorm BSJ-28RS

rank3

国土交通省基準対応モデルのライフジャケット。

国の定めた厳しい審査に合格したモデルに対して、与えられるライフジャケットです。

参考 国土交通省型式承認品とは?(外部サイトが開きます)。

ほとんどの安いライフジャケットは、同等品、それに準ずるという感じで書かれています。

しかし、Bluestorm(ブルーストーム) BSJ-28RSは、正規の手順を得てコストをかけて審査をしているので、安全性が一定水準以上だと期待できます。

ルアーゲーム用 やヘチ釣りに、安全性を重視したい方は、この商品を選択肢に。

3位の理由は、ヘチ釣りで収納面を考慮したため。それさえ気にならなければ、こちらがイチオシ。

1万円以上だせば、BSJ-26RS SHINOBI(シノビ)という収納アップされたタイプもあります。

ということで、今回は6000円クラスの良いフローティングベストを見つけることができました。 

フローティングベストは消耗品

救命具って寿命があるんですよね。

ガス式のものも、発泡材を使ったベストタイプも、3年過ぎると性能が落ちるので、買い換え必須。

家計・財布

そう考えると1万も2万も出して、3年おきに買い換えるのはキツイ。とくに我が家は4人で釣りをするから、かけ算すると恐ろしい。

だから「7000円以下に抑えたい」というわけ。

ちょっと怖い話し。

YouTube nagisamaruさんの動画:購入後5年経過したライフジャケットの動作テスト、その1.開かなかった編

テストだから笑っていられますが、もし海に転落したときだったとしたら・・・

やっぱり3年が目安ですね。

そういった意味で、私は家族全員分は高いものが買えないので、安いタイプも使います。

3000円以下のライフジャケット

フローティングベストの浮力【豆知識】

商品に浮力7.5kgなどの記載がありますが、体重70kgの人なら水中に沈んでしまいそうですね。

ところが人間が水中に入ると、体の浮力があるので、浮力7.5kgでも十分に浮かびます。

人間の体の水分の割合は、大人で60%くらいと言われています。つまり70kgの人なら、42kgは水。

70kgー42kg=28kg

しかも脂肪は水よりも軽いので、浮力アップ。浮かせる重さは更に減りますね。

このように計算していくと、7.5kgの浮力でも体重75kgの人も余裕で浮かせられます。

参考になりましたでしょうか。

まとめ

安全重視をされるなら、国土交通省基準対応モデルですね。

でも3年毎に買い換えるのは、やっぱり辛いけれど・・・

※釣り公園など、安全性に配慮され転落防止用の柵が設置され、また近くに救助用の浮き輪などが設置されているところでは、必要性は低いと考えています。

ただし砂浜などで、予想を超える大きな波にさらわれる危険があるので、万が一でも浮いていられるフローティングベストの着用は必要だと考えます。

もう少しお値うちな、ライフジャケットも買いました。

参考 3000円以下の安いライフジャケット!FV-6110を買ってみた感想レビュー

ということで、毎月、700円を積み立て決定! なんか安い気がする・・・

これで1日5km、10kmも楽勝・・・だと良いけど。

参考 チヌ釣りの針やハリスについて

【ヘチ釣り関連記事】

TOP>>初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする