激安?ショックリーダーの代用にハリスを使って問題なし!

ショックリーダーは高い

「ショックリーダーって、専用のものは値段、お高いよね」。

家計・財布

「そうそう。昔、そんなの無かったよね!」

PEラインがまだない時代は、ハリス(フロロカーボン)やナイロンの糸を使っていました。

ショックリーダーもハリスも同じ材質。あれで、代用したくなりますよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ハリス(フロロカーボン)を代用している

実際、専用のショックリーダーより安い、ハリス(フロロカーボン)を代用のリーダーとして使っている人も多い。

これで決まり!

そういう私も、普通にフロロカーボンを、リーダー代わりに使っていますが、問題なく使えています。

そもそもショックリーダーとハリスの違いとは?

専用リーダーとハリスの違いとは?

はっきりいって、見た目は分かりません。

太さや品質が、より均一というのは予想はつくけど、強度も太さも同じなら、目の前に差し出されれたら、どちらも差は素人目には見分けは付かないでしょう。

シーガーというところが出している、ショックリーダーとハリスの商品のうたい文句を並べてみました。

シーガー フロロショックリーダー

  • 参考価格: 340円 20m 20lb(5号)

しなやかなライン特性により、PEラインとのスムーズな結節を実現。かさ張らず、携行に便利な薄型連結スプール。ラインのスムーズな引き出しを可能にするスプールバンド付。

一方、同じメーカーが出しているハリス。

シーガー 船ハリス

参考価格:800円 100m 5号

「強さ」と「しなやかさ」の絶妙なバランスを持った船専用ハリスです。
大口径スプールと高い撥水性で実現した糸さばきの良さ、水に近い屈折率のクリアラインで、水中のカモフラージュハリスを演出します。
また、極めて低い吸水性で、長時間の水中使用でも高強度を維持します。

なんか、これだけ見てると、船ハリスの方が良さそうにも見える。

専用とハリスの比較をしてみた

フロロショックリーダー 船ハリス
20メートル 340円 100メートル 800円 
1メートル 17円  1メートル 8円 

価格差は、圧倒的にハリスの方が、専用のショックリーダーよりも安い!

商品のうたい文句からは、性能差をイマイチ実感できません。性能差が、2倍以上もあるとは思えず、だったら私は船ハリスを使います。

まあ用途が違うので、無理矢理比べていますが・・・

この手があった!

この手があった!

もともと根ズレなどの対策で使っているので、正直、わずかな強度差などを気にするなら、もう1ランク上の太さを使えば良いだけ。

ちなみに後述していますが、ハリスではなく普通のフロロカーボンなら、さらに安くなります。

ナイロンも選択肢

私は硬い竿(Hの型番がついたロッドなど)には、ナイロンラインをリーダーとして使っています。

どのラインが良い?

その理由は、ナイロンの伸びで竿の硬さをカバーして、魚がヒットしたときに口への衝撃を和らげて、切れるのを防ぐため・・・という考えから。

正直、理論通りに、どこまで効果があるのか分かりませんが、いまのところ問題なし。ただし、ナイロンを使う場合は、無名のメーカーのものは避けた方が無難。

参考 【釣り入門】ナイロンの安くておすすめライン!

まとめ

普通のフロロカーボンで、全く問題なし。

笑顔で指さし これ

ハリス用ではなく、普通のフロロカーボンも使っていますが、トラブルに見舞われたことはありません。

シーガーフロロカーボンライン

これなんて320mで1050円くらい。1メートルで3円ちょい。ただし、こんなのかさばるので、釣りに持っていくと邪魔。

参考 激安フロロカーボンのおすすめラインならこれ!

参考 ワンランク上のフロロカーボンのおすすめ!

そこでショックリーダーとして使う分だけ、こんな感じに小分けしておくと便利。

ライン 小分け

これならポケットにも入りるし、いくつか太さを変えて持っていけます。

私の場合、良いショックリーダーを長く使うより、安いフロロカーボンを使って早めに交換するようにしています。

参考 フロロカーボンの安いおすすめライン!リーダーにも使える!

こだわる方、「やっぱり専用が良い!」「予算に上限がない!」という、うらやましい方は、迷わず最高級のショックリーダーをお使い下さい。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする