朝風呂は湯冷めするからダメ?本当はカビが大繁殖するから!

湯冷めした女性子どもの頃、母親に「朝風呂は湯冷めするからダメ!」

と、叱られたことって、ありませんか?

ところがそうじゃなく、本当は別の理由があったとしたら?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

湯冷めする?

たしかに寒い朝にシャワーを浴びたり、お風呂に入ると暖まった体が冷えて低体温になってしまうので、あまり良くはありません。

35.5度の低体温

そもそも朝、起きたばかりで体温がまだ上がりきっていないので、体の芯から温まらず、サット急いで入ると、体が冷えてしまいます。

体温が1度下がると、免疫力が30%も低下すると言われているので、風邪やインフルエンザが流行っている時期だと、感染しやすくなります。

また体の疲れが取れにくい原因とも考えられます。

詳しくはこちらを参照してください。>>30~40代の女性が寝ても疲れが取れない原因は体の冷えだった!

でも蒸し暑い真夏はどうでしょう?

寝汗でべとべとした体を、ささっとシャワーで流したいですよね。

それに湯冷めだけの理由だったら、私なら親にこんな感じで言い返します。

「朝風呂で湯冷めして風邪を引くなら、プールなんて入れない」。

体温の低下とは別の理由もありそうです。

お風呂でカビを飼ってる?

浴室はカビが繁殖するには、とても最適な場所です。

浴室に繁殖したカビ

夜にはれば浴槽に湯が入り、浴室は加湿されます。またシャワーをあぶると、壁にも適度に水や人間の垢(あか)、石けん、シャンプーが数メートルも飛び散ります。

それをそのままにして出ますよね?

飛び散った水滴や汚れを、ちゃんとタオルで拭き取って出る人って、潔癖症でもないかぎりいません。

また家族が多いと乾いてきても、また加湿されます。それでやっと深夜になって落ち着いてきて、乾燥していくのでカビの繁殖は一段落。

シャワー

ところが朝風呂に入られると、せっかく乾いた浴室がまた水浸し。カビは喜んでまた大繁殖します。

1日に2回も繁殖するタイミングに恵まれるのですから、壁や天井、出入るする扉などに付着したカビが、大増殖します。

まるでカビを飼っているよう。

黒カビは、すぐ発見しやすいですが、白っぽいカビは見つけにくいので、大繁殖しても見逃してしまいます。

浴室を乾燥させる

カビは乾燥した状態では、増殖することができません。

夜にお風呂に入ってもカビは、どうしても増えてしまうのに、それを手助けして朝風呂に入るのは、湿度を高くしてカビを培養しているのは分かったと思います。

それを防ぐには、浴室の乾燥している時間を長くする必要があります。

高温・多湿は危険!

とくに湿度が高い5~8月は要注意。それでなくても乾きにくい時期、それなのにせっかく乾き始めたお風呂にまた入られたら、毎日掃除をしている人はたまったもんじゃない!

カビを除去する洗剤などもあるけど、手についたり吸い込んだりしそうで、あんまり使いたくないですからね。

まとめ

朝風呂はできるだけ控えて、夜に入るように協力してあげましょう。

そういえば、今朝、浴室が濡れていました。

「誰、朝にシャワー浴びたの!」

そうだ! 掃除を当番制にしようかな・・・

【関連記事】

こちらも読まれているよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする