夫婦仲が悪化した原因は、リビングのインテリアの色が問題だった!

色相の違い

色彩心理が、夫婦仲を悪化させる。

リビングのインテリアは、夫婦の関係に大きな影響を与えると言われています。

色彩の力が働いているという説も。詳しくみていくことにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

色の不思議で分かる夫婦仲

まず色がどれだけ大事なのかを、身近な野菜や果物で紹介します。

疑問を感じた女性

  • なぜ、みかんは、赤いネットに入れて売られているのか?
  • なぜ、野菜のオクラは、緑のネットに入れられて売られているのか?

これにはちゃんと理由があるのですが、ご存知ですか。

似たような色同士の同化現象が利用されています!

例えば、みかんを赤いネットに入れると、実際のみかん色より赤みが増して、熟しておいしそうに見えます。

オクラは緑のネットに入れると、緑が濃く見えます。

色の同化によって食べ物を色鮮やかに見せるために、みかんは赤いネット・オクラは緑のネットなんです。背景が赤や黄色いほど、色が際立ちます。

黒色のネットに入っていたら、まずそうに見えて「買わない!」ということになってしまいます。

レモンは背景を白にすると、さわやかに見えませんか?

レモン

ではレモンをカットして背景をオレンジ色にしたら、ちょっと甘そうなレモンに見えませんか?

オレンジ色の背景のカットしたレモン

オレンジ色に、緑の葉を添えると、色が果物の色が引き立ちます。

緑と果物

色の持つ視覚効果って大事ですね!

夫婦仲が悪いときはリビングの色を変えよう

夫婦関係に問題があって、あまり上手くいってない方のリビングのカーテンは、落ち着き過ぎていたり、黒などの暗い色ではありませんか?

明るさの違う部屋

旅行先のホテルのように寝室は落ち着いた色でも良いのですが、リビングまで暗~い地味な部屋では、夫婦の会話が弾まず、陰気なムードになってしまいます。

野菜や果物の色を思い出してください。色は心に与える影響がかなり大きい。

せっかく買ったカーテンを変えることが出来ない場合は、テーブルクロスやランチョマット・カーペットなど部屋全体を、明るい色の物にしてみましょう。

明るいリビング

あとは夫婦の寝室にあるベットの横に、サイドテーブルなどの家具がある場合、その家具の角がベットの方に向いていると、風水的には凶なので夫婦仲がこじれると言われています。

一度確認してみて下さいね。

「風水で家具の角・・・ばかばかしい」と思われるかもしれませんが、風水は合理的な側面もあります。

今回の例で言えば、ベッドの近くに角張った家具があると、地震などでバランスを崩したときに、その角で怪我をする危険があります。

そういうちょっとした危険かもしれませんが、お互いに気遣えると、夫婦仲も良くなるきっかけになります。

インテリア1つで夫婦仲が良くなるなら、試してみる価値があります。家具を移動できない場合は、角におしゃれなカバーを付けて安全にしましょう。

家具の角カバーを楽天市場で、どんなものか見る。

まとめ

明るく鮮やかな色にすると、気分も晴れやかになります。また、窓の近くに観葉植物を置くのも落ち着きます。

観葉植物

夫婦仲が悪化していると感じたら、リビングのインテリアの色をイメージチェンジしてみるのもありです。

北欧風におしゃれにまとめたり、明るめの木を使ったナチュラルな印象にまとめるのも素敵です。

シャコバサボテンが満開

おすすめ植物 シャコバサボテンの花を1年で2回咲かせる方法!

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする