ガン玉の号数とグラム(g)の関係について|自作ジグヘッドの参考に

自作ジグヘッドを作るときに、困ったのがガン玉の重さ。

そこでガン玉、かみつぶしの号数とグラム数の関係(換算)を調べてまとめました。

号数・表記 グラム(g)
0.16~0.17
0.20 
0.25 
0.31 ~0.35
0.4~0.45 
B 0.55
2B 0.75~0.85
3B 0.95~1.0
4B 1.20
5B 1.85
6B 2.65

実際のパッケージ

形状によって、呼ばれ方が異なります。

形状が丸いタイプ。良く見かけますね。ダイソーの百均のものは、ケースに重さが記載されているので親切。

ダイソーのガン玉

下記は釣り道具屋さんで購入したもので、流線型になっているので水の抵抗が少ない。

かみつぶし

でも重さが分からない。これじゃ使うときに困ってしまう。そこで・・・

重さが分からないオモリは電子はかりで計ろう!

私がジャム作りなどでいつも使うのが、タニタの電子計り。

砂糖125g

何グラムあるのか分からないガン玉があると、使いづらい。そんなときは電子はかり(お菓子用)を使って、オモリの重さを量りましょう。

本当は0.1gまで計れるのが正確で分かりやすい。

小さいものは複数個、同時に計って後で割り算をして、1個辺りの重さを出しましょう。

計り終わったら、重さを容器に記載しておくのが便利。これなら使うときも、すぐに探し出せます。ウキの浮力と重さの関係が分かれば、安定してウキを使えます。

実際に測定してみると、多少の誤差がありましたが、家庭用の電子ばかりで測定したので、10個くらいまとめて計り、割り算したので誤差もあります。

またダイソー百均のオモリと、釣具屋さんでは多少の差がありました。まあ、そこまで精度を必要とした釣りを私はしていないので、全く気にはしていません。

参考 初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする