ブヨもOK?ハッカ油・ヒノキ油(ヒバ)を使った虫除けスプレーの作り方

蚊に血を吸われる

魚釣りをしたときブヨにひどく刺されて、硬いしこりができました。

それで長袖や市販の虫除けスプレーを使ったのですが、全く効果無し。

蚊取り線香や電池式もダメ。ヒノキ油(ヒバ)が良いと聞いたので、スプレーを手作りしてみることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

精油を使った虫除けスプレーの作り方

ハッカ油はハーブの一種。アロマ・エッセンシャルオイルのひとつ。その中でもハッカ油やヒノキ油はブヨに効果があると評判でした。

そこで早速、薬局で簡単に手に入る精製水でハッカ油を薄めて、服にスプレーすれば手製の虫よけスプレーを作りました。

このはっかの臭いがブヨは苦手のようで、効果があると言われています。

ハッカ油とヒノキ油は同じ配合でOKですので、ここではハッカ油で紹介しています。

必要な物

  • ハッカ油またはヒノキ油 入手先:ハッカ油P 20mlを楽天市場で詳細を見る。
  • 精製水
  • 消毒用エタノール
  • スプレーボトル(ポリプロピレン製またはポリエチレン製)※ポリスチレン製は容器が溶ける恐れがあるので使用不可。
    ダイソーで売っています。
   作り方

分量は今回は約200mlで配合していますが、100ml、300mlの場合はそれぞれ入れる分量を増やしてください。

  1. エタノール30mlをスプレーボトルに入れる。
  2. 次のハッカ油13~20滴を入れる。
  3. よく混ぜる。
  4. 最後に精製水160ml入れて混ぜる。200mlより少なめになります。

同様の作り方でハッカ油をヒバ油に変更しても、虫よけになります。ちなみにヒバ油はゴキブリも寄せつけないと話題になっています。

この順番に作ると上手くできます。

これダメ ダメ

精製水とハッカ油は混ざりません。油に水を入れてしまうと混ざらないからエタノールで先に希釈します。

100mlの場合

  • エタノール15ml
  • ハッカ6~10滴
  • 精製水80ml

ただしこのスプレー、雨の日は効果が低下します。カッパの内側や傘の裏面の雨のかからないところにスプレーしてから着るようにしましょう。

無水エタノールならこれがおすすめ

注意 この記事で紹介している作り方で使用するのは、自己責任でお願いします。

ブヨ対策にはヒノキ油を多めに

私がブヨの虫除けに配合している例を紹介します。

  1. エタノール30mlをスプレーボトルに入れる。
  2. 次のヒノキ油13~20滴を入れる。
  3. よく混ぜる。
  4. 次にハッカ油を5滴ほど入れます。
  5. さらにしっかり混ぜるてください。大事です!
  6. 最後に精製水160ml入れて混ぜる。200mlより少なめになります。

参考 おすすめヒノキ・ひば油

使い方

手、腕、足など、いつもブヨや蚊にさされている場所にスプレーします。

このスプレーは、蒸発して時間が経過すると効果がなくなります。時間までは把握していませんが、私はブヨが怖いので30分おきくらいでスプレーしていますね。

1回当たりも、服が少し湿るくらい多めにします。

注意点

お肌が極度に弱い方は、もしかしたらかぶれる可能性は否定できません。

また服にかけるので、色が抜けたり変色したりするかもしれません。(変色したことはないですが)。

いろいろ書いておかないとダメな時代になったので、念の為に記載しました。

まとめ

虫除けスプレーを作るとき、何種類か用意しています。

  • ハッカ油だけで作ったスプレー
  • ヒノキ油で作ったスプレー
  • ミックスさせたスプレー

ブヨはヒノキ油を中心に使いますが、蚊だけのときはハッカ油を使っています。

最近はスプレーのおかげなのか、ブヨがあまりいなかったのか、刺されることがなくなりました。だから効果がどこまであったのかは分かりません。

実際に作って効果を試してみてください。

こちらを読むと、さらに虫刺され対策や予防に詳しくなります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする