ハゼを延べ竿・ミャク釣りで爆釣する必須のポイントはこれ!

ハゼの爆釣

「ハゼを数時間で数百匹釣ったよ!」

うらやましい釣果の人は、良く見るとウキを付けない、ミャク釣りをされているケースが多い。

あるいは極小のウキ(シモリ)をつけています。これは、わずかなアタリも見逃さないため。

ところが、それだけでは大漁のハゼを短時間で釣ることはできません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

スレ針をまだ使ってないの?

「スレ針って何よ?」

スレ針というのは、かえしのない針のこと。

スレ針

普通、針には餌がかかった魚が逃げにくいように、かえしがついています。

『かえし』のある針

シーバスなどジャンプ(えら洗い)して、針を外そうとする魚もいます。もしかえしがないと、簡単に針を外されてしまいます。

ところがハゼを延べ竿で釣るのに、そもそも『かえし』は必要ですか?

あ、そうそう。仕掛けについては、こちら。

関連記事 ミャク釣りの仕掛け

針はずしに時間がかかってませんか?

足元から、わずか数メートルのところにいるハゼ。

港で釣り

そんなに近くにいるので、竿を上に上げるだけでハゼは釣れます。一旦、釣り上げればすぐに外れるほど暴れる魚ではないので、かえしは必要ない。

これで決まり!

一気に、引き上げれば良いだけ!

実は、ベテランのハゼ釣り師は、かえしがない針を使っている人が多いので、針はずしが短時間で終わるのです。

特に初心者の方は、針を外すだけで30秒とか、ひどい人になると数分とか、時間がかかっているので、実際に釣っている時間が短いので、釣果もあがらないのです。

もし針にかえしがなければ、針は簡単に外れます。仮に服に針が刺さっても、簡単にとれます。

もしかりに、かえしがなくてバレたとしても、手返しが早くなれば、トータルで釣果はアップするはず。

エサも爆釣ポイント

ハゼは、青イソメ(ゴカイ)、石ゴカイなどが使われます。

でもこの虫餌、気持ち悪くて針につけるのに時間がかかると、それもムダな時間になります。

せっかくハゼが食い気満々の地合いなのに、エサ付け、釣れても針外しで時間がかかると、そりゃベテランのようには爆釣しない。

そこでハゼを、無理して虫えさをつける必要はありません。

まだ知らない人が多いのですが、ボイルされたホタテで釣れます!

ボイル ホタテ

とくに貝柱が釣れる気がする。

ひもは、イマイチなので、私は使わない。

その他にも、釣れるエサがたくさんあるので、1度、試してみてはいかがですか?

参考 ハゼ釣りのエサまとめ!あるユーチューバが調べた爆釣エサがこれ!

「ホタテで釣れるなんで、信じられない!」という方へ。

イソメとホタテで釣り比べてみてください。それで同じ様に釣れるなら、次回からホタテで釣ってみては?

私はホタテは、1~2個あれば十分です。1個ずつラップに包んで、余ったら冷凍したらまた使えます。

ちなみに、イソメが余っても再利用できます。詳しくはこちら。>>塩イソメ(塩石ゴカイ)の作り方(保存期間)と釣果について

【ハゼ釣りの関連記事】

釣りの目次:初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする