これは良い!釣りで使う防水仕様のヘッドライトを購入しました

LEDヘッドライトのオススメ

「めっちゃ良かった!」

防水されたヘッドライトを購入しました。

基本、夜釣りをしない私なのですが、マゴチ釣りで場所を早めに確保するため、深夜に釣り場に到着しました。

一応、100均のLEDライトを持っていたので、照明には困らなかったのですが、手持ちだったので、釣りをするのには不便。

ヘッドライトが無かったので、臨時でこれを手持ちしてました。↓

白と黒のLEDスタンド

そりゃ使いにくいですよね。よくぞ、こんなので釣れたな~と。

そこでヘッドライトの購入することに。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

この【防水】ヘッドライトが良かった

今回、2つのヘッドライトを購入しました。

これで決まり!

もともと2人分、必要だったのと、気になる2機種があったので、だったら使い比べてみようということに。

そこで購入した機種はこちらの2つ。

  • 冨士灯器 ヘッドライト ゼクサス ZX-260 ブラック 
  • Energizer(エナジャイザー) ヘッドライト HDL250 ブラック( HDL2505BK)

冨士灯器 ヘッドライト ゼクサス ZX-260 ブラック

ゼクサス(ZEXUS) ZX-260のブラックを購入しました。

zx-260

  • 最大約180ルーメン。
  • 本体の重さ:約41g(乾電池は別)
  • 単4アルカリ電池 3本(別売り)
  • 詳細マニュアル付。
  • 多少の雨なら問題なし。IP×4

ゼクサス-zx-260

このヘッドライトは、メインのLEDとサブLEDを搭載しています。

メインLEDの場合

明るさもボタンを押すと、ある程度は調整できます。

一番明るくすると、実用的な明るさは、約5時間。

暗く調整すれば、約50時間くらいは点灯できます。

明るさを100%~10%まで、ボタンの長押しで変えられます。

こちらは、移動するときに活用するのがよさそう。

サブLED

  • 明るさは変えられませんが、約40時間、点灯させられます。電球色。
  • 赤い色にもできます。(夜間モード)

夜釣りで10時間、点灯させたとして4日間は使えるので、新品の乾電池を持っていけば、遠征でも電池切れを起こさずに使えます。

ちなみに私がこれを購入しようと考えたのは、ゲームベストにつけられるからです。頭だと重くて、頭が痛くなるかもしれないと考えたからです。

それとアクションカメラなどで撮影するのに、夜の照明に使えるから。

使ってみた感想

頭が痛くなるかと思ったのですが、ベルトの調節をすれば、ぜんぜん気にならないレベルでした。

笑顔

一晩、釣りをしていても、重さも気になりません。よほど敏感な方は、避けた方が良いかもしれませんが。

メインLEDは、草むらなど足元を照らすときは明るさは最大にします。移動時に使うのがおすすめ。

サブLEDは、手元を見て仕掛けを交換したりラインを結ぶときなど、適度な明るさで目が疲れずに良いでしょう。手元を最大に照らすと、まぶしすぎるから。

赤い色は使わないかな~と思っていたのですが、竿先を見るのに役立ちました。赤くても竿が光るので、私は使いやすかった。

海面を照明で照らすのは良くないので、赤色の出番。

アジなどのサビキ釣りなら、海面を照らしても問題ありません。

通販・最新価格 ゼクサス ZX-260を楽天市場で検索する。

ZX-R260という後継機種(充電式)は買わない

ゼクサス ZX-260の後継機種のZX-R260 (充電タイプ)が販売されていましたが、購入しませんでした。

困った女性

そもそも充電しなくちゃいけない時点でアウト。単4電池なら、100均でも十分だし、いざとなればコンビニで買える。

それにZX-R260 (充電タイプ)を満充電にしてから、使える時間が最大たったの6時間。

これじゃ、ぜんぜん一晩に足りない。なんで、こんな中途半端な商品を出したのか不明。しかも実売価格で6500円もする。

充電式を使いたければ、単4の充電池を使えば良いだけ。まあ、ウリは300ルーメンらしいけど、実際に明るすぎて私はイマイチ。だから辞めました。

エナジャイザー ヘッドライト HDL250 ブラック

Energizer(エナジャイザー)のヘッドライト HDL250 ブラックも購入しました。

Energizer HDL250 ブラック

  • 最大約250ルーメン。
  • 本体の重さ:約53g(乾電池は別)
  • 単4アルカリ電池 3本(別売り)
  • マニュアル無し。パッケージ上の説明のみ。
  • 多少の雨なら問題なし。IP×4

このヘッドライトは、メインのLEDとサブLEDを搭載しています。

右のボタンの場合

右のボタンを何度か押すと、モードが切り替わります。

夜間モード → 最大の明るさ → 明るさを抑えたモード

一番明るくすると(フルハイモード)、実用的な明るさは、記載なしですが、おそらく約5時。

暗く調整すれば(フルローモード)、カタログ上は約50時間くらいは点灯できます。

左のボタンの場合

フルモードで点灯。正面が明るくなりますが、スイッチを押し続けると周辺まで徐々に明るくなります。

その状態で手を話して、もう一度ボタンを押すと電源が切れます。

もう1度、スイッチを押すと前回、周辺まで明るくした位置を記憶していて、すぐにその状態になります。

これは楽です。わざわざ、スイッチをまた押し続けなくても、メモリされているので、すぐに使えて便利。

使ってみた感想

エナジャイザー  HDL250の方は、ちょっとちゃっちく感じます。

重さは、カタログ上は、ゼクサス ZX-260よりも12gほど重いのですが、全く気になりません。この程度の差は誤差の範囲。

使い勝手は、エナジャイザー  HDL250の方が使いやすく感じました。

私の使い方は、しばらく点灯させているので、操作性はまずまず。

1つ難点は、マニュアルが付属していなかったので、最初は、ちょっと戸惑いました。

それを除けば、十分に満足。

こちらは、本来のヘッドライトとして活用して、家族が使うときは、こちらを渡すようにしています。

通販・最新価格 エナジャイザー HDL250を楽天市場で検索する。

まとめ

ヘッドライトを2機種(ゼクサス ZX-260、エナジャイザー  HDL250)を紹介しました。

それぞれ満足していますが、一番、最初に困ったのが乾電池の入れ方。

energizer hdl250 乾電池

フタが硬くて壊しそうで、びくびくしました。そのあたりを、もう少しマニュアルに記載してくれていれば、ストレスなく使えるのに。

その点、ゼクサスはマニュアルが付属しているだけマシなのですが、電池の入れるところだけ、私は分かりくかった。

防水仕様なので、その辺は構造上、仕方がないのかもしれませんが・・・。

とまあ、少し愚痴っぽくなりましたが、どちらも機能としては十分に満足しています。

ところで100均のヘッドライトも、意外と使えましたよ。

参考 使える?ダイソーのLEDヘッドライトの購入レビュー

釣り目次:初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする