ハーバリウム オイルの見つけ方のポイントとオススメはこれだよ♪

ハーバリウムの作品本格的にハーバリウムに取り組むなら、シリコンオイルや専用のハーバリウムオイルのような、高品質のものを選びます。

お花が長持ちする上、色落ちもしないので安心して使えます。さらにオイル(油)も引火点が高いので、安全性も高まります。

とはいえ、専用のオイルは、様々な商品が販売されていますので迷ってしまいます。そこで選び方のポイントについてまとめました。

ハーバリウムオイルに必要な情報

ハーバリウムを作るのに、使う目安ととしてオイルの粘りが表記されていること。

粘度が高いとお花が動きにくい。プレゼントにもしやすくなります。もし低粘度のオイルだと、移動中にお花が動いてしまう可能性もあるので避けたいもの。

そこでオススメなのは高粘度タイプ。

選ぶ時は、粘度に注意して選んで下さい。

適度な高粘度のハーバリウムオイル

粘度が高い方が良いとはいえ、粘りが強すぎるのも扱いにくいので、粘度はハーバリウムオイルの中で、粘りと扱いやすい粘度350(350#)がおすすめ。

粘りは、だいたいメープルシロップくらいなのでイメージできると思います。

こちらは信越化学という、シリコーンとでは有名なメーカーで、メーカーはハーバリウム専用では販売されていませんが、いま人気の商品です。

少し値段が高いのがネックですが、高品質で粘度も高い。こちらは送料が無料になっているので、トータルで見ればコストは悪くはないと思います。

ただしこの2タイプとも粘度が高いので、お花の内部にオイルが入りづらくお花の形が複雑な場合は若干扱いづらくなります。

低粘度100#のオイル

オイル粘度100#は、オリーブオイル程度の粘りで、粘度350(350#)と比較するとサラッとした感じの低粘度仕様。

細かなお花にも、容易に流し込みやすい特徴があります。

ちょっとお高いのが難点。厳選してハーバリウムを作りましょう。

その他、1Lや5L等もあるのでチェックしてみてください。

通販・最新価格 ハーバリウム シリコーンオイルを楽天市場で検索する。

ハーバリウムの関連記事もあるよ~

注意

  • オイルを扱うときは、ビニール手袋を着用しましょう。
  • 火気厳禁。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする