部屋の湿気対策をお金もかけて徹底したらカビも消えた!

結露

梅雨時期の雨の日、我が家では毎日、窓に付着する水滴を拭くことから始まります。

「もううんざり。いつまでこんなこと、しなくちゃいけないのかな・・・」

カビの菌

カーテンの裏側にはカビがびっしり生えて、見なかったことにしたくなりました。。。

「もういや。今度こそ、部屋の湿気対策をやる!」

簡単にできるものから、お金がかかる方法まで試していったら、ついにカビも消えました。その全てをお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

かき集めた湿気対策の方法

まず、どんなことが出来るのか、取りあえず全部、やり方を収集しました。

効果が無かった方法

  • 観葉植物を外に出す。
  • 炭を部屋に置く。

観葉植物 失敗の巻

植物の葉っぱから蒸発しているのを抑えれば、湿気が減らせるというもの。水やりなどで1日で1~2リットル上げているご家庭では、ある程度の効果が見込めます。

シャコバサボテンの樹形

でも家では、シャコバサボテンなので、梅雨時期はそもそも水やりをあまりしないので、効果がありませんでした。がっかり。

炭大作戦も失敗の巻

つぎに炭を百均で購入して、部屋の隅や湿気が多い窓際にも置きました。

「わっ!結露してるじゃん!」ダメだわ。全く効果がありません。

おそらく炭が吸収できる湿気は、ごくわずか。何十キロも炭を置かないと、望むような効果が得られないとわかりました。

バーベキュー用の炭を置くくらいでないと、効果はあまりないかも。でもそんなに大量の炭を窓際に置いていたら、邪魔でしょうがないです。ダメですね。

もし炭を置く場合は、ザルなどを上から被せないと、カーテンが炭に当たって確実にカーテンが真っ黒になります。これはこれで、カビよりもやっかいです。

炭を活用するなら晴れた日は干して、しっかりと乾燥させましょう。私は無理。めんどくさい。

窓ガラスにプチプチを貼る

半分成功

窓ガラスに包装用に使われるプチプチを貼ったら、結露が緩和されました。

プチプチ

少しプチプチの隙間などに結露が見られます。隙間ができないように二重に貼ると、もっと効果があるかもしれません。

ただし梅雨時期で日差しが少ないのに、ぷちぷちを貼ると部屋が暗くなります。

換気扇を24時間回した

換気扇

電気代がもったいないのは無視して、台所とお風呂の換気扇を24時間、回し続けました。

ところがこれも半分ダメ。プチプチの効果があるのですが、部屋が湿気っています。プチプチを外すと結露します。

換気すると、雨の日は外の湿度が100%なので、逆に湿気が室内に入るのでダメ。もう泣きたくなってきました。

ちなみに押し入れ(クローゼット)は、ホームセンターで買ってきたすのこを、床に敷いて湿気対策をしています。これはある程度、効果があります。

布団が湿気るならベッドにした方が良いです。うちはベッドにしました。

最後の手段 窓を二重のペアガラスに交換

窓ガラス

もともと気になっていたのは、窓ガラスの結露。毎日、拭くのがめんどくさくなりました。

かなり予算オーバーですが、思い切って二重(ペアガラス)に交換しました。すると・・・結露ゼロになりました。

イチオシ

あれほど雨の日に床まで流れていたのに、何事も無かったかのように窓がピカピカです♪

実はこのペアガラス、我が家に思わぬ副効果をもたらしてくれることになりました。1人暮らしの湿気対策なら、なおさらあのガラスを使わないとめんどくさい。

いままで、なるべくお金を掛けずに湿気対策を考えてきましたが、やはりお金は使うところを間違わないで使うと、高い効果をもたらしてくれますね。

中途半端にやるより、徹底的にやった方が早いし効果も高いのを実感しました。それ以来、カビも生えなくなり部屋の中も快適になりました。

また真夏の暑さも窓から熱の侵入を防ぐことができたみたいで、エアコンの効きが良くなり電気代が減ったように思います。

これで梅雨時期、夏、真冬も節電と快適な環境が整うようになりました。

そのかわり、スイーツとランチと、欲しかったバッグはしばらくお預けになってしまいました。。。

湿気対策といえば、こちらも困っていました。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする