折りたたみの日傘【晴雨兼用】寿命や価格をチェック!

梅雨時期になると、傘を忘れて濡れてしまうことがあります。

でも濡らしちゃいけないスマホ。私の機種は防水じゃないので、濡れないように注意しています。

晴れた日は、日差しが強く日傘が必要になるし、傘は晴れ雨、関係なく必需品。

でも天気によって傘を交換するのは、面倒だしいくら折り畳みでも2本をカバンに入れるのはイマイチ。

そこで折り畳みの日傘で、晴雨兼用を探しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

散歩用

hareame

日傘をメインに考えているので、あまり大きなものは避けたい。できれば折り畳みで、コンパクトで晴雨兼用タイプを探しました。(丈夫な雨専用の傘「折りたたみ傘で丈夫?これで風速40m/sの強風も怖くない!」)

特に普段の散歩用に考えています。できれば折り畳みで、uvカットが施されているものが欲しい。いろいろ見ていたら、おしゃれなものや軽量で大きなものまで、見つけることができました。

日傘 晴雨兼用 折りたたみ uvを楽天市場で詳細を見る。

UVカット・折り畳みの晴雨兼用の価格帯

2500~11000円程度が相場。

2800円(税込・送料込み) 開傘時の直径85cm 重さ200~210グラム程度。

価格 10,000円 (税込 10,800 円) 送料込 直径88cm 重さ180グラム程度。

価格差の理由は、軽量化するための素材や傘の骨の強度、破れやすさなどの違い。UVカットの機能がアップしていると、価格に跳ね上がります。

また数字では表せない開きやすさは、大きなポイントの1つ。開閉のしやすさなども、高めのお値段の販売ページには、しっかりと機能として記載されている場合が多いです。

ただし高いから良い商品とは限りません。6000円以上なら、かなり素材にも配慮されているので、使いやすさや評判で決めるのも良いでしょう。

傘の寿命

折りたたみ傘

通常の傘の寿命は約3年。特にUVカット機能が低下するようです。

「え? 私は5年使っているけど?」という方もいらっしゃると思います。

使用頻度や使い終わった後に、陰干しなどのメンテナンスをすることで、寿命を延ばすこができます。

丁寧に使う方は数倍、長く使える方も。素材の良し悪しにも左右されますが、格安な傘は素材や作り込みの精度などのばらつきがあり、寿命が短くなる場合。

ちなみに和傘は、お手入れ次第では20年も使用できるようです。お手入れは大事ですね!

お値段が高めの傘は、UVカットスプレーなども活用して長寿命化したいですね。

傘の修理費用

1万円を超える傘を、故障したからと半年くらいで捨ててしまうのはもったいない。

修理は30分くらいで直してもらえるようです。

防水加工は800円
大抵の直しは400~が目安。

修理すればまだまだ使える傘も多いので、気軽に問い合わせてみてはいかがですか?

豆知識

東急ハンズでは、傘の修理をする道具が販売されていています。捨てる前に直せるか聞いてからでも遅くはありませんね。

日傘のポイントとまとめ

UVカット以外にも重要な機能があります。それは暑さ対策

日をよけるだけではなく、傘に接する頭が熱くならないような一定の工夫がされているか? その辺りの機能も見逃せません。かんかん照りでも暑さがしのげるかが大切です。

また雨が降っても、長時間、雨に耐えられるかも重要ですね。いくら日よけと兼用だとはいえ、すぐに水滴が染みてくるような傘では役に立ちません。大抵は、傘生地はポリエステルで、撥水・防水処理がされているので、水を弾きやすくなっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする