引っ越しを自分で運ぶのに車を借りたら激しく疲れた!

荷物が重い

我が家は、これまで何度も引っ越しをしてきたのですが、ほとんど自力で運んでいました。

引っ越し回数が増えるほど、運ぶ荷物が減って楽になっていくのですが、初めての引っ越しの人は、かなり覚悟をした方がいいですよ。

もしも節約のために、自力で運ぶなら後悔するかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

引っ越し節約で自力を選んだ友人の話

私の友達が先日、引越を節約しとうとして、業者に依頼しないで「自力で運ぶ」方法を選びました。私もお手伝いしたので、その時のことをまとめました。

幸い男の兄弟や両親も健康で、おやじさんも力には自信がある方だったので、人手は5人いるので何とかなりそうでした。

筋肉

人件費は自分たちなので、あとは運ぶ車と運送費用を抑えれば、節約になります。

運んで分かった問題点

ちょうど、知り合いにトヨタレンタカーに勤務している人がいたので、トラックの手配はやってもらえたのは楽でした。値引きも限界に近い感じてやってもらえたのもラッキー。

積載量2トンの車を借りると、12時間まで13000~14000円くらいが相場。これだけ見ると安いかも。

運ぶ荷物で一番、重かったリストがこちら。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 食器棚

冷蔵庫は大きめだったので、見た目通りかなり重い。気を付けないと腰をやられます。ベッドも面倒でした。

出すときに困った

洗濯機も全自動で重いですが、人が多いので何とかなります。だた搬出するときに、ドアの間が狭くて持ちづらく、ちょっと苦労しました。

かなり重いので足に落としたら確実に骨折します。今回、安全を考えて重い荷物を運ぶ男性陣は、980円の安全靴を履いて運びました。

安全靴

さすがにそれくらしないと、素人なので危ないですよね。安全靴は、私が履かないと危ないって言って、引っ越し祝いの代わり?にプレゼントしました。

トラック1台で1回では運べないので、遠いとかなり大変。大型のトラックじゃないので、遠方だとガソリン代や高速代なども頭に入れないと、予想外にかかります。

幸い、引っ越しは近くだったので、それほど移動時間もかからず良かったです。

肉体的に疲れるけど、精神面の方がもっと疲れる

男性も力仕事をしていない方は、翌日は筋肉痛は覚悟した方が良いです。

肩が痛い

それとお金をかけない分、食器棚など運ぶときにきづが付かないように、丁寧に梱包するのが大変。

食器(お皿)も割れないように、細かい物の梱包は面倒でした。数が多すぎるので、本当は思い切って使っていないものは捨てる選択肢も。

友達が一番大変だったのは、仕事が終わってから引っ越し用に分類するのが大変のようでした。

引っ越し中

とは言っても平日は、なかなか片付けが出来ないので、休みの日に家族で一気に引越準備。これが肉体的にも、精神的にも疲れてヘトヘト。これ、分かる。

自分たちで引っ越しすると、上手にやればお金は節約できますが、引っ越し前から疲れて嫌になります。

お金と時間と疲労を天秤にかける

友達は「お金はできるだけかけたくないけど、あんなに大変だと分かっていたら、業者に頼んだのに」って。

素人で運ぶので、引越業者は運ぶ何倍もの時間がかかります。運ぶときに家を傷付けないようにするのに、かなり神経も使うので余計に疲れます。

それを思うと今は競争で、かなり低価格になっているので、3社くらいで見積もりを取って、自力で運ぶのと費用を比べてみてからでも、決めるのは遅くないと思うのですが・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする