引越しで植物や木を梱包して運ぶのに困ったら?

地方で庭で植物を育てていましたが、引っ越すことになりました。

小さい鉢植えは、何とか持っていけそうですが、大きな木や花壇に植えたお花やハーブに困っていました。

処分するにも枝も大きいので悩んでいました。そこでどうすれば良いのか調べたときのことをまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

引っ越し業者に依頼できる?

これくらいの観葉植物は、引っ越し会社が用意している梱包用の段ボールに鉢が入れば、大抵は運べます。

鉢植えの観葉植物

植物を運んでもらうときは、水やりは遅くとも前日までに済ませます。鉢から水が落ちると家財道具が濡れてしまうので、鉢の底は乾いているのが前提。

問題は庭木などの大型の樹木。これはさすがに引っ越し会社に頼んでも断られます。

海外では特殊な機械で運びますが、コストがかかります。

大型の樹木を運ぶには?

造園業者さんに依頼するのが一番!

調べ方は簡単です。

造園業者とあなたの街の地域名を入れればOK。

造園業者の検索

ただし市で検索すると、業者さんが見つからない場合があるので、そのときは地域名のところに都道府県名を入ればOK。

「引っ越し業者なら運んでくれそう」だと思っている方へ

引っ越し会社は、段ボールに入る大きさのものを運ぶのは得意です。家具なども事例が多く、トラックで運びやすい形状です。

宅配サービス

ところが生きた木は、大きさや形がバラバラで樹形も一定ではありません。また季節によっては葉が落ちたり実がついています。また季節によっては、枯れやすいのもデメリット。

そこで大型の樹木を運ぶには、その扱いに慣れた造園業者さんに依頼するのが一般的

専門業者さんなので庭に植わっている状態から木を抜き出して、引っ越し先の庭に運んで植えてくれます。

水やりなども、おまかせできるので楽です。これを自分でやろうとしたら、いろいろやることや調べることがいっぱいあります。

自分で運ぶなら調べることや、頼むことが多いので大変

  • 木を抜くための方法を調べる。
  • 必要な道具を揃える。
  • 運ぶトラックをレンタルする必要がある。
  • 木を植える時間もとられる。
  • 枯れるリスクもある。

人の手もかかります。また自分で運ぶなら、水やりのタイミングも考えないと、トラックが汚れて、ひどいことになります。レンタルの別料金も確定ですね。

自分で運転できなければ、運転手の確保も必要です。

そこまで考えるなら、専門業者さんに依頼した方が、引っ越し準備の時間を有効に使えます。

また造園業者さんであれば、木をできるだけ切らずに運べますので、病気にかかるリスクも減らせます。

自分で運ぶとなると、大きい枝は切らないと運べません。これもかなり大変。ノコギリやしゃべる、その他の道具も買うかレンタルになりますね。その業者さんも調べないとね(汗)

「そんなに忙しいのに、やってられない!」

お金はかかりますが、完全におまかせが楽だと思います。自分で運んで事故でも起こしたら、それどこじゃありませんからね。

まとめ

業者さんに依頼する場合は、次のことを確認しましょう。

  • いつ、現地に来て確認してくれるのか?
  • どこまで運んでくれるのか?
  • いつ、運んでくれるのか?
  • 料金はどれくらいか、見積もりしましょう。

庭と木を確認されたら、自分がやって欲しいことを伝えます。それを元に植物や木の引っ越しプランを作成されます。

見積もりと予算を天秤にかけて、依頼する業者さんを決定したら契約です。

合い見積もりは忘れないようにしてください。1社だけでは、高いか安いか分かりませんからね。

小さな造園業者さんだと、すでに仕事が入っていると急な引っ越しには対応してもらえなかったり、遠くまでは運んでくれないケースもでてきます。

大抵は市内だけで仕事をされているので、業者さんも人の手配や予定が大変なので、余裕を持って調べて依頼しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする