一人暮らしの母親への感謝のプレゼントの候補のリスト

おばあさん

75才になるうちの母親は、2年前に父を病気で亡くしてから一人暮らし。

その頃は、私も田舎に顔を出していたのですが、頻繁に帰るのは遠くて大変でした。

幸い母の家の近くに妹がいるので、様子は見てくれているので助かります。

そんな母親に、誕生日や母の日、敬老の日に贈るプレゼントは、気持ちを込めて贈るようにしていますが、最近はワンパターンになってきました。

そこで何か今の母に必要なものを考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

高齢の母に必要なもの

母親に必要なものを聞いたら、おそらく「そんなもの必要ないから、たまには家に帰っておいで」と言われるのは分かっているので、直接聞くわけにもいきません。

妹はいつも何かと世話をしてくれているので、何か二人が楽になるものを探しました。

食事の宅配サービス

宅配サービス

父が食事の支度を若い頃からしてきたので、母もそれに甘えてきて今になって困っています。

一人暮らしだと、メニューを考えるのがめんどくさくって、ろくなものを食べていない時があります。

たまに私が黙って家に帰って、普段の様子を見るので分かりました。

妹も自分の家庭があるので、そんなに毎日は行けないので、母に健康のために食事には注意して欲しいと思っていました。

バランスの良い食事

そこでいま流行の食事の宅配サービスが良いのではと。

最近、足を痛めて外出するのも大変になってきて、体重が増え始めています。普通、あの年になると少しは軽くなりそうなのですが、甘いものが好きな母はメタボ気味^^;

そこで栄養管理士さんが考えた食事メニューを、冷凍して1週間ずつ配達されるので、それなら栄養もバッチリだし、電子レンジがあればすぐに食べられる。

1日1食分なので、後の2食は自分で考えて作ってもらいます。全く作らないのもボケそうなので(笑)

サプリメントも良いけど

サプリといっても栄養補助食品なので、食事にプラスして、カルシウムとかビタミンを補助する目的です。

何かを治そうというのではないで、サプリメントも良いかな。健康が第一ですからね。寝たきりになられると大変ですしね。

食事だけ栄養を補うのは、年齢的には大変そう。夏場は食力がガクンと落ちるのが分かります。そういったときに、ちょっとサプリがあると離れている私も少しは安心です。

とはいえ宅配と両方は予算的につらいので、どちらか片方で。

ぐっすり眠れる寝具

22時に寝る

自宅に泊まると、寝るのは10時前、朝の4時くらいからごそごそして起こされます。

さすがに冬なんて外が真っ暗。しかも寒い。

年を取ると熟睡する時間が短いっていいますからね。とくに父が亡くなって一人暮らしになってから、眠りが浅くなったと言います。

それを少しでもカバーできるなら、寝具も良いかな~と。寝心地が改善されれば、寝てくれるかも。

夏は涼しく冬は暖かいと、ぐっすり休めて体力も保てると思います。睡眠で大事ですからね。

ただ寝具の良い物は、ウン十万円もするので、私は手が出せません。せめて枕くらいなら何とかなりそうですが・・・

家族の動画をDVDでプレゼント

一緒に行ったときの動画を集めて編集すると、喜んでくれそうです。ただし父親の映像は辛くて、まだ見られないかもしれません。

父の写真も飾れずいますので、私達の動画が良いかな。時間はかかるけど、テレビ好きな母親なので喜んでくれそう。

オンデマンドなどのサービスも考えたのですが、あまり難しいものは利用しないので、シンプルにDVDを入れたら、すぐ再生して見られるものが良い感じ。

まとめ

イチオシ

私のいまイチオシは食事の宅配サービスです。

妹が買い物を手伝ってくれているのですが、キツイときはネットやFAXで宅配してくれるサービスなんかを、申し込んであげるのも良いかもしれません。

一人暮らしで母親へのプレゼント、思いついたらこちらに追加していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする