日焼け止めがばれるなら、白くならないこの方法!

日焼け止めを塗る

日焼け止めって海や山、ジョギング、マラソン、プール、屋外スポーツ全般で必須。

ところが、日焼け止めが禁止されているところもあります。こっそり塗るとばれる・・・

でもそんなこと言われても、「紫外線でシミになったらどうしてくれるの?」そこが鈍感というか、運営者や主催者は考えてくれないです。

そこで隠れてこっそり、白くならない日焼けを防ぐ方法を見つけました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

日焼け止めを塗らない方法

プール

プールなんかでも、日焼け止め禁止だとお肌が危険ですね。こっそり塗って見つかると、監視員の人に注意されて気まずくなります。

それに普通のタイプは、水に濡れるとすぐに落ちてしまいます。もし水や汗で落ちくいものを探すなら、水に強い日焼け止めがあります。

ばれるのを気にするくらいなら、飲む日焼け止めがあります。

塗らない日焼け止めが話題

隠れてこそこそ塗っていると、かえって怪しまれてしまいます。そんなときは、飲む日焼け止め。

プールはあらかじめ行く日が決まっていると思うので、飲むタイプで対策しておけば、日焼けを最小限に抑えられます。

イチオシ

さすがに飲むだけなら、ばれることはありません!

白くならない日焼け止めには要注意

困った女性

プールなどで使用するのに、白くならない日焼け止めを使う人がいるようですが、日に焼けるので要注意。

水に溶けやすく、プールなどで目に入ると痛みを感じるほど。しかも落ちやすいものが多いのもデメリット。

汗や水に触れるなら、水に強いものを使わないと意味がありません。

いくら透明度が高くさらさらして、誰にもばれないとしても、効果がなければ使う意味もありません。

大切な機能は日焼けしないこと

「さらさらしてる」
「べとつかない」

たしかに必要だと思います。でもその前に、効果が問題。どんなに塗った感じがしなくて、塗り心地が良くてもすぐに水落ちするなら無意味。

それだったら、少々べとついても落ちない日に焼けない日焼け止めの方がはるかにマシ。

まとめ

自分が求める機能に応じて日焼け対策を選定しましょう。

日焼け止め禁止でばれるとダメなのところは、堂々として飲む日焼け止めが必須。

汗落ちしやすいときは、水に強いものを選んで、シミやたるみなど肌の劣化になる紫外線から守りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする