ハイポニカの液体肥料は全ての栄養が入っている魔法の水だった!

「もしかして、この液体肥料、魔法の水?」

ハイポニカの液体肥料

そう思うくらい、ハイポニカの肥料はすごい!

ミニトマト、大きなトマトに青じそ、チマサンチュやネギ、チンゲンサイ、パセリ、イタリアンパセリ、春菊・・・数え切れないくらいの野菜が、あの肥料だけで育てられるのはすごい。

まあ化学成分はパッケージや販売ページに書いてあるので、知りたい方はそちらで見てください。

ハイポニカの液体肥料はここがすごい!

家庭菜園をしていたので、肥料はいろいろ使いました。

過リン酸石灰またはせっかい、けいふん、油かす、あるいは化成肥料などの肥料。

ところが水耕栽培でハイポニカの液体肥料を使えば、他には何も必要なし。これだけで立派な野菜が育てられる優れもの。

めんどくさがりやの私にも使いこなせました。

2種類を混ぜるだけで完成

ハイポニカ A B

旧パッケージ

1リットルのペットボトルに水を1L入れて、A液とB液の2つを2mL(または2CC)を入れてかき混ぜれば液体肥料の完成。

たったこれだけ。魔法としか思えない。その中に苗を入れれば、基本、水耕栽培はできます♪

簡単でしょう?

あとは液体肥料が減ってきたら、足していくだけ野菜が育ちます。

実はドリンク剤のビンで、チンゲンサイも育てられました。

続きを読む 栄養ドリンクのビンで水耕栽培!【育てやすいチンゲン編】

ハイポニカの液体肥料は野菜に必要な栄養分が全て入っている

野菜と栄養

ハイポニカのA液とB液を水に混ぜて、ペットボトルに入れて野菜の苗を植えると育ちます。

容量は500ml、1000mlで十分。4000mlもあるけど使い切るのに何年もかかる。

イチオシ

通販・最新価格 ハイポニカ液体肥料を楽天市場で見る。

あとは野菜が吸って減った分だけ、また補給するだけでグングンと成長します。

基本、水耕栽培はこれだけ。

ミニトマトのような実を収穫する野菜は、陽当たりが半日以上は当たらないと実りは厳しいですが、葉物野菜なら北側でも育てられる野菜もあります。

もし生育が遅かったりするなら、ダイソーのLED電球を買ってきて上から照らしてあげればOK。電気代もさすがLEDで安いので助かります。

水耕栽培専用じゃなきゃ育たない

「ハイポニカは高いから、安い液肥じゃだめ?」

ホームセンターや100均でも液肥というのがあるけど、あれでは水耕栽培するのはダメ。

なぜかというと、生育に必要な全ての栄養が入っていないから。

その点、水耕栽培は専用の肥料だけで育つように、微量な肥料まで入っています。普通の液体肥料は、基本は土から栄養を吸収するので、全部の栄養素まで入れていません。

だからその分だけ、お値段もお安くなっているわけです。

水耕栽培を成功させたいのであれば、迷わずハイポニカを選びましょう。そっちの方が簡単に育ちますよ。

参考 水耕栽培と事例まとめ【目次】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする