インフルエンザの症状がでない、微熱だったら違うよね?という大きな勘違い!

くしゃみ

「なんか、体、だるいんだけど、風邪ひいたかな・・・」

「ちょっと、それインフルエンザじゃないの?あんまり近寄らないでよ!」

「めっちゃ、むかついた!」

「だったら病院で診てもらってきなさいよ!」

そんなインフルエンザなんてあるわけないよ。熱といっても37.3度の微熱なんだから。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

病院で検査したらインフルエンザA香港型だった!

インフルエンザはA型、B型が一般的(C型もあるそうですが)で、A型は複数あるのですが、重症化しやすいのはA型だといいます。

その年の「流行がA型だから、高熱がでるから違うよね。」

という勘違いを、勝手な素人判断でしてしまいます。ところが・・・

重症化しやすいインフルエンザaだったのに辛くない

気が動転している母親

37.2度、最高で37.7度だったのに、病院の検査結果はインフルエンザA型との結果にびっくり。

「え~、こんな程度なのインフルエンザって・・・」

実はインフルエンザはA型は重症化しやすい、B型はたいした事がないというのは、あくまでも個人差。実際にはB型でも重症化します。

またインフルエンザの予防接種をしていたら、免疫ができているので軽くすんでいるだけ。また昨年、インフルエンザに感染していると、今年感染しても多少は軽くすんでいるからかも。

だから風邪だから、「風邪薬を飲めば治る」という自己診断をしていると危険。

ちなみに微熱でインフルエンザと診断されたのは、我が家の家族。2017年の1月の実話です。

治療しないで出歩くなんて、それ、ウイルステロですよ。

あなたがインフルエンザを、ただの風邪だと考えていたら?

もしもあなたは風邪だと思って街の中を出歩いていて、カフェでスイーツを食べていた。

妊婦さんと高齢者

ちょうど真横で妊婦さん(本人はまだ気づいてない)がいて、あなたのインフルエンザに感染したら?

胎児が重症化して、障がいをもって生まれてくるかもしれません。また高齢者に接触して、そのウイルスが原因で命を・・・・

そうなったら病気、無差別のウイルステロと言えるかもしれません。言い過ぎかな。でも気づかない間に私たちは、そういう危険なことをしていることがあります。

少なくとも11月~4月の期間で風邪のような症状で発熱したら、インフルエンザを疑って病院を受診しましょう。

参考 インフルエンザに2度感染する

まとめ

だけど病院って行きたくないよね。医療費も高いし。

予防にしてもお金がかかるのでつらい。毎年、予防接種していたら割引とかして欲しいよね。3500円は厳しい。

家族4人で2回もしたら、割引されても2万円とかあり得ない。

それで体調が悪くなった上に、さらにインフルエンザに感染したら踏んだり蹴ったり。これ、私のことです(涙)

だから対策とか、気をつけないと節約しても追いつかない。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする