インフルエンザの予防接種したけど感染したよ!注射の効果ってある?

インフルエンザでダウン

「インフルエンザにかかったびで、今週の金曜日までお休みを頂きます」。

「はあ?なんで予防接種をしなかったんだよ」。

「予防接種しました」。

「はあ?そんなわけないだろう!予防接種したら、インフルエンザにかかるわけないだろ!」

「・・・・・」

これ以上、会話しても疲れるだけです。理不尽な会話にうんざり。

だけどなんで?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

インフルエンザの予防接種って効果ある、ない?

注射してもインフルエンザになる。

「インフルエンザの予防接種をすれば安心!」と思いたいのですが、どうやら現実は違うようです。

「型が違うから、かかるんじゃないの?」という意見もありそうですが、実は・・・

インフルエンザの型が同じでも感染する

「ダメだこりゃ。注射してもかかるんなら、高いお金を払っても意味ない!」

たしかに、そう考えても仕方ないですよ。型が違うならまだしも、同じ型でも感染しちゃうんだから。

「だったら意味ないじゃん!」っていう人がいますが、意味がないわけではありません。

実は、今回、予防接種したときに、その疑問をそのままお医者さんに質問しました。

お医者さんによると、

女医

予防接種の期待される効果としては、『感染しても重症化するのを抑えられる』。

ということです。

予防接種をしなければどうなる?

感染したら・・・体力が落ちている高齢者やお子さん、受験生だったら、40度まで発熱していたかもしれません。

ところが幸いなことに予防接種をしていたおかげで、37.4度ですんだ。

と、思えば納得です。この違い大きいですよ。

40度になると布団で寝ていても、地球がぐるぐる回るくらい辛くダメージが大きい。でも37.4度であれば、しばらく安静にしていれば数日で回復します。

この差、実際に感染して始めて分かります。かなり大きい。受験のように失敗が許されない時期なら、なおさら。

悲報!注射を打ったら発熱したよ

笑いごとじゃないですが、インフルエンザの予防接種をしたら熱がでました。

体温計

私の場合、記憶にある過去4年間で3回、発熱しました。

とはいえ37度~37.4度くらいまでの発熱。
症状は、若干、体がだるい状態が数日続きました。

下痢などの症状はなし。

まあ、このくらいなら許容範囲かな。自分よりも家族にうつして重症化することを考えると、この程度の副作用?なら、仕方ないです。

注射って、効果と打たずに高熱を出た時を天秤にかけて考える必要がありますからね。

それに会社から、「そらみろ。だから予防接種をしろって言っただろ!」と、言わせないためにも打つようにしています。

インフルエンザに2度感染する!

インフルエンザって、2度感染するってご存知でしたか?

インフルエンザはA型、B型、C型など、いくつかの型があって、微妙に性質が異なります。さらにA型にも4種類ありますし、突然変異する可能性があります。

もし仮にA型に感染したとしても、B型も流行していれば、またこのシーズンで2度目の感染をします。

「もう最悪!」

免疫はあくまで同じ型で有効なので、他の型の場合は要注意。

油断はできません。またインフルエンザにかかると、それだけで体力が低下するので、今度は風邪にかかるリスクも増します。

2度感染して、風邪までこじらせたら、踏んだり蹴ったり。おはらいしたいくらい。

そんなことがないように、インフルエンザが流行し始めて、もし体調が悪化したら、すぐに病院で受診して治療をしてもらいましょう。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする