愛犬の入院で心配!これって過保護でしょうか?私の愛犬依存症

愛犬依存症愛犬が急変したとき家を出る前に、動物病院にすぐに電話を入れました。

「どんな症状ですか?」「いつからですか?」「どれくらいの時間ですか?」「・・・・」

急いでいるのに、愛犬の様子を細かく質問されて焦りました。気が動転していたので、質問の意図まで考える余裕がありませんでした。

でもその理由は、病院に着いたらすぐに分かりました。

動物病院の駐車場に着くと、すぐに先生が車の中にいる愛犬のところまで来てくれ、そのままストレッチャーで、診察室まで連れていってくれました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

愛犬の入院と依存症

診察室で体の硬直と痙攣で、呼吸困難になっていた愛犬に、注射をしてもらったら少しだけ落ち着いたように見えました。

しかし先生に抱かれ、ぐったりした愛犬はショックですが、そのまま緊急入院することになりました。

やっぱり、そんなに悪いんだ。

治療法の選択肢が限られた

こんな状態で高年齢(老犬)ということもあって、検査や手術など何もすることはできない状態でした。

注射などの薬で、今より少し良い方向にという、最低限の治療以外は考えられないのが現状でした。

元気に回復するのは難しいということでしたので、いつまで入院かもわからない無期限入院に、不安な気持ちだけが残りました。

でも、この子が寝たきりで介護が必要になっても、生きていてくれるだけでいい。隣にいてくれるだけでいい。その気持ちが強いので、介護する覚悟だけは揺るぐことはありませんでした。

愛犬の入院でわかった愛犬依存症

私はずっと愛犬にベッタリで、この子なしでは生きていけないくらいのでしたが、私が愛犬依存症だと自覚したのは愛犬が入院したとき。

いま思い返せば・・・

今までも、友達と一泊2日の短期間の旅行で家を出て、わずか30分も経ってないのに愛犬が心配になり、母に電話して様子を聞いたり、写真をメールで送ってもらったり。

旅行中、何度も何度も電話で聞く私に、「それなら旅行に行かなきゃ良いのに」って心に中で思っている感じが想像でき、さすがに母も友達もあきれているのが分かりました。

身内の葬式で家族全員が家を空ける時は、愛犬を一人になんかしたくなかったので、親友に鍵を預けて家に泊まってもらい、愛犬の食事や散歩をお願いしたことも。

「ほんとゴメン」。愛犬依存症です。

元気いっぱいの愛犬をお留守番させる時でも、そんな感じなのだから病気で入院する愛犬と離れ離れで、自宅で一夜を明かすなんてとても無理。

入院なんて初めてのことだったので、そのまま動物病院の駐車場に車を置き、寝泊りしようと考えたほどでした。

いつ何どき最悪の事態になっても、一瞬で愛犬のところに駆け付けたかったからです。しかしさすがに、それは思いとどまり帰宅したのですが・・・

動物病院の面会時間中に、愛犬の死に目に立ちあえたということは・・・

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする