犬の留守番は危険!夏は熱中症の、あの対策が欠かせない!

犬の留守番

犬の留守番は、暑い夏の日は熱中症の危険があります。

犬は大切な家族。仕事で愛犬を置いて出かけるとき、胸が締め付けられるような苦しさを感じることがあります。

「行ってくるね」そうって出かけていくときは元気な姿を見せてくれていました。ところが帰宅すると、いつもの「ワンワン」という声も聞こえなければ、近寄ってもきません。

あれ、おかしいと思い探していると、ぐったりと横たわっていました。留守番させている犬の熱中症が後を絶ちません。(犬の熱中症の予防のためのグッズも紹介中

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

犬が家で熱中症

温度計(25度)

日中、室内の温度を把握されていますか?

湿度はどれくらいですか?

大切な愛犬が倒れる原因は、飼い主さんが犬の生活環境を把握していないこと。自分がでかけてから、部屋の温度が何度になるのか把握していないと、危険があっても気づきません。

とくに犬は高温に弱い動物です。寒さには比較的強いのですが、暑さは苦手な生き物です。だから締め切った室内では、人間以上に熱中症になりやすいです。

うちは古いタイプのこれで測定しています。予想以上に暑くて驚きました。

温度計

最新のものは、メモリできる室内温度・湿度計があるので、毎日、留守の状況を確認するのも重要です。

その日の最高気温も記憶してくれているので、でかけている間の高い温度がどれくらいか分かるのでお役立ちアイテムです。

必ず最高・最低の温湿度表示ができるタイプを選んでください。普通のものでは、一番高い気温が分かりません。

このデジタル温湿度系は、裏側に切り換えボタンがあります。

使わないときは、電池を抜いておくいと長持ちします。

犬の暑さ対策

熱射病の危険が高まります。

外気温が30℃を超える日は、エアコンなしでは室内は温度が上がり続けます。でも電気代もかかりますよね。

そこで活用したいのがペットハウス

最近のタイプは保冷剤をペットハウスに設置して、ハウス内を冷やすので例え室温が35℃でも27~28度を保ってくれるので、犬の体を冷やしてくれます。

おおよそ8時間から10時間くらいは、7、8℃くらい下げてくれるので、一番あつい日中に持ちこたえてくれれば、熱中症を防ぐことができます。

犬の留守番は危険!夏は熱中症の、あの対策が欠かせない!


こちらの大理石ペットひんやり冷却マットは、ひんやりジェルマットよりも安全性が高くなっています。

玄関は冷たいので寝てしまうときは、この大理石は冷たくて気持ちが良いので、部屋でゆっくり休めます。

お留守番している、犬の熱中症対策に上手にアイテムを活用するの必要なほど、異常な気象が続いていますね。

チェック こちらも一緒に読むと詳しくなります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする