犬が倒れた!痙攣と小刻みに激しい息。頭が真っ白に。【体験談】

寝ている犬

私の幼なじみで親友の愛犬(犬)が突然、倒れました。

その時のことを語ってくれました。

※注 もし今、ワンちゃんが倒れているなら、いますぐ獣医さんに詳しい状況を連絡してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

愛犬が倒れた・・・硬直と痙攣

いままで普通のしていたのに、急に平衡感覚がなくなりました。症状は、左寄りにフラフラ。平坦な場所なのに、なぜか傾いてしか歩けなくなったと思ったら、

いきなりバタンと倒れました。体が硬直して痙攣。さらに小刻みに激しい息。

その時は、もう何をどうしたらいいのが動転して、何をして良いのか分からず頭が真っ白になりました。原因が全く分からず不安で一杯に。

そのとき私ができたのは、愛犬をやさしくなでて、声をかけることだけでした。

寝ている犬

私の横で、すぐに状況を把握して家族が、家の近くの動物病院を電話帳で探してくれていました。

当時、まだスマホなんてなくて困りました。いつもお世話になっていた動物病院は、自宅から車で1時間以上もかかる場所だったので、少しでも近くを探しました。

本当は愛犬を動かしたくなかったので、先生が往診に来てもらえるところか、電話で良いので応急処置などの対処法を聞きたかったのですが。

往診は困難で診察もしないと、適切な指示ができないので、急いで連れてきてくださいとのこと。

あのときほど、心細いことはなかったです。

結局、どこの病院も同じ回答で距離も遠かったので、いつもの病院につれていきました。

お願い!どうかこの子を助けてください!

元気になりますように!

ずっとずっと心の中で願っていました。強く強く思っていました。家族もきっと同じ気持ちだったと思います。

倒れた愛犬を車で運んだ

炎天下の車

無力を感じました。

倒れた愛犬を目の前に、私はそのとき、何もしてあげられませんでした。できることは、掛かりつけの動物病院まで、安全に車で連れていくことしかありませんでした。

でも愛犬は大型犬。抱っこしたまま一人では、連れて行くことはできません。

そのときハッとして、この子がまだちっちゃいときから可愛がってくれて、なついている幼なじみの親友にすぐ電話しました。

時間的にはまだ仕事中だったのですが、愛犬と私を心配してすぐに(職場がすぐ近く)駆けつけてくれ、不安な私と一緒に病院までついてきてくれました。

あのとき友人が来てくれたとき、とても安心と心強さを感じました。感謝してもしきれない。

愛犬は車の中でも苦しそう。

その日は平日で道路が空いていたので40分くらいで到着しそうな感じでしたが、愛犬の息づかいを感じているので、いつもより時間が止まったんやないかというくらい、遅く感じました。

たった赤信号1つでも、「あ~」と悔しい気持ちに。

ちょっと車が詰まってくると、ペット専用の救急車が無理としても、ドローンで運べたら良いのにと、いまの技術の遅さをのろいました。

それくらい、あの時の私は追い込まれていました。早く、早く先生のところへ、早く治してください!

それしか考えていませんでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする