iPhoneのios10でシャッター音が消えた裏技が便利だった!

iPhoneのシャッター音は、盗撮防止のために消すことはできないハズ。

ところがios10.02では、おそらく不具合のため、ある方法を使うと写真撮影の時に聞こえるシャッター音を消すことができます。

※悲報 iOS10.1にアップデートすると、シャッター音がするようになりました。

ios10.02 アップデートの不具合

詳しくみていくことにしましょう。(今回はiPhone7ではなくiPhone5の画面をキャプチャ撮影しています。)

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

写真撮影のシャッター音を消す手順

やり方は簡単。まずは設定を選択。

iPhoneの設定ボタン

一般を選択してください。

設定 > 一般

アクセシビリティを選択。

アクセシビリティ

AssistiveTouchを選択。

assistivetouch

AssistiveTouchはオンにしておいてください。

次に最上位メニューをカスタマイズを選択。

assistivetouchのメニュー

次にマイナスを押して、カスタム1個だけにします。

最上位メニューをカスタマイズ

次にプラスを押して、消音を選び完了します。

消音

下記が音量になっていたら、赤丸のボタンを押してください。

音量ボタン

こちらの様に音量が消音になっていればOK。

消音ボタン

これで写真や動画で撮影しても、シャッター音は鳴らなくなりました。

だたしiOSのバグだと思われるので、アップデートによってこの機能は無くなることが予想されています。

なお、最上位目メニューを2つ以上、追加すると画面をロックしたり再起動すると、またシャッター音が鳴ってしまうので、再度、消音ボタン1個にすればOK。

上位メニューのカスタマイズ

複数のアイコンを追加するときはご注意ください。

いかがですか?

実際に無音になった使い勝手は?

私の場合、食事やスイーツなどをお店で撮影するときに活用しています。家で撮影する場合は、音が鳴った方が何かと便利と感じます。

音がならないと、撮影のタイミングがイマイチつかみにくいというデメリットもあります。少し練習して、感覚をつかみましょう。

微音・無音カメラのアプリ

微音、無音カメラアプリを使うと、ほとんどシャッター音を消して撮影できます。

このアプリを使えば、いちいち設定、上位目メニューをカスタマイズする必要はありません。

無音カメラアプリ

いつも私が活用しているのは、こちらの2つ。

  • 超微音カメラ
  • 無音カメラ

一部、広告が表示されるのと、画質が少し落ちるので風景写真などには不向きです。

あと画角が異なるので、標準に搭載されているカメラアプリとは同じにはならないので、テストで確かめてください。

とはいえ、記録用には十分です。ios10、iPhone7になって、シャッター音が大きくなったのは残念です。

寝ているお子さんを起こさずに撮影できますね。くれぐれも盗撮などの行為はしないようにお願いします。

関連記事 iphoneの消えたユーザー辞書を完全に復活させる方法!(ios10)

関連記事 iPhoneにメモリー増設するならUSBフラッシュメモリー!ベスト3

関連記事 iPhone7で出火?放熱問題再び。解決策は放熱ケースにあり!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする