iPhoneにメモリー増設するならUSBフラッシュメモリー!ベスト3

iPhoneはメモリが少ないと、すぐに写真や動画で一杯になってしまいます。

小まめに写真や動画をハードディスクに保存すればいいのですが、旅行先にパソコン(ノートパソコン)までは、持っていくのが大変なので困りますよね。

そんなとき、iPhoneのメモリーを増設できれば便利。USBフラッシュメモリーしか選択肢はありません。

人気のメモリはこちら>> iPhone用USBフラッシュメモリーのおすすめランキング

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

iPhone用USBフラッシュメモリーの選び方

iPhoneは直接、増設メモリを本体には接続できません。(アップルの仕様)

しかしiPhone用のUSBフラッシュメモリーをつなげば、写真や動画などのデータを外部メモリに保存することができます。

専用のUSBフラッシュメモリーを使えば、iPhoneの容量を空けることができます。

重要 

必ずMFi認証製品を選びましょう。認証製品でないと、iPhoneのOSをアップデートしたら、使えないなんてことも。非認証だと大損します。

必ずiPhone用を購入のこと。間違ってAndroidやPC用のUSBを購入しても使えません。

ケーブルと直接つなぐ接続型

外部メモリをつなぐ商品は大きくわけて2種類あります。

  • 充電するときに使うケーブル(Lightningケーブル)で、iPhoneとUSBフラッシュメモリをつなぐタイプ。

usb-cabl

  • USBフラッシュメモリを直接、スマホにつなぐタイプ。

usbmem01-tyokusetu

主流は直接、スマホに接続するタイプ。USBメモリのような形状をしています。

いずれのタイプも画像を転送する速度が遅いものがあるので注意が必要です。遅いとイライラするだけではなく、使いたいときに使えないケースもでてきます。

アプリでコピーする

USBメモリとパソコンで、データをやり取りするとき、特別のソフトを使わなくてもできます。

ところがiPhoneは、USBフラッシュメモリにデータを移動させるには、専用のアプリ(各メーカーが無料で配布)が必要です。

問題は、このアプリの使い勝手も重要。

商品を選ぶときは、このアプリが使いやすいか、トラブルのある・なしもポイントになります。

それらを総合して、ランキング形式でiPhone用USBフラッシュメモリーをまとめました。

iPhone用USBフラッシュメモリーのおすすめランキング

ランキング1位

バッファローの「RUF3-AL」シリーズは小型サイズ。

たくさんの動画や写真を撮影される場合、iPhoneにUSBフラッシュメモリー、RUF3-ALを差したまま撮影ができます。

参考動画

  • MFi認証
  • USB3.0に対応。
  • 転送速度も高速
  • 写真・動画のみ転送できます。
  • RUF3-ALシリーズの容量:16GB、32GB、64GBの3種類
  • サイズ:60.7×24.4×9.5mm
  • 端子を保護するキャップは、本体につながっているので紛失する恐れがないのも助かります。若干、取れそうな気もしますが、シリコンで意外と丈夫。
  • iPhoneに差すとインストールするアプリが表示されるので分かりやすい。
  • ケースに干渉しない形状(4mmの厚みまで)。← ケースのままだとダメな商品もあります。
  • 動画を撮りながらUSBメモリに保存することはできません。一旦、スマホに保存してのをバックアップするようにしてください。

イチオシ

使い方としては、カメラ内の写真と動画をUSBにバックアップする用途向き。

USBからカメラにデータを戻しても、専用アプリでしか見られません。つまりiPhoneのカメラロールに戻すことはできません。その点だけ注意が必要です。

私の使い方としては、旅行先で容量が不足しそうになったときに、緊急用に保存する用に活用。海外旅行などに便利。

通販・最新価格 バッファロー USBフラッシュメモリー RUF3-ALを楽天市場で詳細を見る。

Clip bag(U3-IP)IODATA アイ・オー・データ

rank2

Clip bag(U3-IPシリーズ)IODATA アイ・オー・データ機器

  • MFI認証
  • ケースが干渉しない形状。
  • 19MB/s(ファイルサイズや数によって変わる)。
  • キャップはなくさない工夫がされています。
  • アドレス帳もバックアップできる。

通販・最新価格 Clip bag USBフラッシュメモリーを楽天市場で詳細を見る。

参考動画

Transcend 32GB JetDrive Go 500

rank3

Lightning 接続 & USB3.1 デュアルコネクタ USBメモリ ゴールド  TS32GJDG500G

  • アップルMFi認証取得
  • 2年保証
  • USB 3.1 4GBのHD動画もわずか28秒で転送。高速。
  • iPhoneに撮影データが保存されると、自動でUSBメモリに移されます。

※iPhoneに空き容量がないと、撮影が停止されます。長時間の撮影をされるときは、先にiPhoneの残り残量をチェックしておきましょう。

参考 Transcend 32GB JetDrive Go 500を楽天市場で詳細を見る。

参考動画

英語表記にがっかり。なぜ日本語化しないんでしょうね。見れば分かりますが、そういうところがあると、取り扱いが心配になってしまいます。

ちなみにTranscendさん、私は好きで記録媒体はトラセンド。だから余計にもったいないな~と。もっと多くの人に使って欲しいから。

参考動画

シリコンパワー(Silicon-Power) フラッシュメモリ

rank3同率3位

SP シリコンパワー(Silicon-Power) フラッシュメモリ。

SSDなどでも有名なメーカーで、基本は抑えられた商品です。

  • USB3.0対
  • MFI認証
  • iPhone/iPad対応
  • 型番:Z30 SP032GBLU3Z30V1W
  • バックアップ専用。

こちらもUSBをiPhoneに挿すと、インストールする旨の表示があるので、すすめればOK。

写真・動画のデータは、一旦はスマホ本体に記録されます。その後、バックアップすればOK。これならクラウドでバックアップしなくてOKです。早いし便利。

惜しくも今回、ランキングから外れた商品

番外

まだ過渡期にあるiPhone、スマホ用のUSBメモリ。

とくにアップルの仕様で、USBに保存したデータをiPhoneのカメラロールにコピーできないのは不便ですが、仕様なので仕方ありません。

あくまでもバックアップが基本です。

ところがそのバックアップに、問題点がある商品もあります。私がこの仕様では買わないと思った商品は、現時点ではランキングから除外しました。

iStick

http://dime.jp/genre/161542/1/

  • MFi認証
  • USB2.0
  • ケースを選ぶ。ケースが厚いと挿さらない。
  • 初めて使うときは、USBメモリを差すと、『Appがインストールされていません。』という表示がされて、アップルストアから入手を促されるので、親切で分かりやすくなっています。
  • ただし保証期間が購入より3ヶ月は短すぎる。

Lexar JumpDrive C20i USBフラッシュドライブ

Lexar JumpDrive C20i USBフラッシュドライブ

USB 3.0

  • 短いケーブルで接続するタイプ。使いながら接続できますが、見た目はシンプルではないです。
  • MFi認証(Made for iPhone取得)
  • ケーブルにUSBメモリが搭載されているイメージ。
  • PCへのバックアップは早いですが、スマホからのバックアップは若干遅い。

OLALA iDisk

  • OLALA MFi認証済み
  • iphoneメモリ ディスク
  • USB3.0
  • iphone/ipadに対応
  • ケースを付けた状態では使えないかも。

アプリでたまに不具合がでて、コピー途中でアプリが強制終了する事例があるようです。少量の写真をこまめにバックアップするのによさそうです。

サンディスク iXpand™ フラッシュドライブ

サンディスク iXpand™ フラッシュドライブ

SanDiskのフラッシュドライブなので期待しましたが、問題点が多いように思います。

  • 速度が遅くバッテリーの消耗が激しい。
  • バックアップするときは、100%に充電する。
  • 何十GBもバックアップせずに、小まめに保存する。

32GBのiPhone向きかもしれません。積極的にはおすすめできません。今後のバージョンアップに期待。

i-FlashDrive

STAYER Inc. STAYER i-FlashDrive EVO 16G ライトニングフラッシュメモリ ブラック STIFDE16

  • 接続に難あり。
  • ロットによるばらつき、相性?などトラブル事例が多いので、いまは避けた方が良いかもしれません。
  • 16GBは手頃なお値段なので、iPhoneのバックアップに使えないときは、普通にUSBメモリとして使うのはOKですが、ちょっともたいない。

あまりおすすめしませんが、今後のアプリやメモリ側のバージョンアップで改善される可能性があります。

まとめ

アップルの仕様上、どうしても『ひとくせ』ある使い方になりますが、バックアップを純粋にするだけなら、1~3位の商品を使えば十分です。

そもそも、凝った使い方をするようなカテゴリの製品でもないですからね。付加価値よりも、普通にバックアップしてくれないと困りますからね。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする