iPhone7で出火?放熱問題再び。解決策は放熱ケースにあり!

iphone-car

オーストラリアでiPhone7で出火したというニュースがありました。(原因はアップルが調査中)。

サムスンでも問題になったのが、スマホの発熱問題。

「たぶん大丈夫だろう」「アップルに限って・・・」が一番危険。そこで問題点と、いまできる対策をまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

放熱アップで出火を防げ!

スマホは高性能になり、防水や耐水性能がアップしています。

ところが問題になるのが、iPhone内部で発生した熱。スマホって、中身は正真正銘、超小型のパソコン。

densikairo

CPUの性能アップで、発熱も心配になります。もちろん低電圧のCPUが開発されていますが、それでも発熱は完全には防ぐことは、いまの技術ではまだできていません。

水が入らないということは、空気の出入りもない。

それなのに密閉度を高くして、水の侵入を防ぐと空気の入れ替えもできず、熱が内部にたまることになります。

いま私達ユーザーにできるのは、内部に発生した熱を効率良く冷やすことくらい。そこで重要なのがケース。

放熱性の高いケースがカギ

最近は、見開き型のケースが人気ですが、その分、放熱性能が低下します。四方をケースで取り囲まれると、熱がどうしても溜まりやすくなります。

片面だけをカバーするケースと違い、両面をカバーするのですから無理もありません。

hpunetu

熱を逃がす定番は、アルミニウム。

パソコンのCPUを冷却するのにも使われているアルミ。これをケースで覆ってやれば、放熱性がアップして、出火予防になります。

参考 iPhone7 放熱ケースを楽天市場で詳細を見る。

不確かな情報は要注意

アップルは、かなり詳細に発火の状況を分析するはず。不確かな情報やデマには注意して、アップルからの公表を静かに待ちましょう。

いまできることは、

  • 暑い車内に放置しない。
  • 暑くなる様な場所に置かない。(窓際で直射日光があたる場所)
  • ストーブの上に置かない。
  • 放熱性の高いケースを使う。メッシュで通気性の良いケースもOK。
  • 不必要なアプリは停止させる。
  • 充電するときは、不要なアプリを止める。

など、基本的な事だけでも、十分に発熱はおさえられます。

そもそもケースなしが良いのでしょうけど、ツルツルしてiPhone本体を落としやすいですからね。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする