その離婚、ちょっと待った!更年期のイライラが離婚の原因かも?

離婚は止めて

「ムカつく」あんな亭主とは、もう一緒に暮らしたくない。

「オレは遅くまで仕事してるのに、家事もやらず、自分だけゴロゴロして!」

だったら、離婚してやる!

でもちょっと待ってください。その判断、更年期のイライラが原因かも。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

更年期のイライラ

若い頃なら、離婚にまで発展しないような事柄が原因でも、年を重ねたことで破局に向かうこともある。

そんな考えを当たり前に思っていると、間違っているかもしれません。

更年期障害でイライラ

主に女性の更年期障害がクローズアップされていますが、男性も似たような症状の陥ることが知られています。

更年期障害の医学的な解説は医師に任せるとして、どんな症状がでたら注意しなければいけないのか、箇条書きでまとめました。

  • イライラする。
  • 急に顔がほてり汗がでる。
  • 一日中、体がだるい。
  • やる気が出ない。
  • 不安が襲う。
  • 肩こり。
  • めまい。
  • 頭痛。
  • 肌荒れ。
  • 冷え。

これ以外にも個人差によって症状が異なります。これを見ると、かなり多くの症状があることが分かります。

また若年性の更年期障害も考えられますので、問題は年齢だけではありません。かなりやっかいです。

病気が原因なのに、性格の不一致だと判断して離婚するのは悲劇。

理由もなくイライラが増す

更年期障害になると、わけもなくイライラが増します。

長年、連れ添った仲の良いご夫婦でさえ、イライラしてきます。ちょっとした、ささいな出来事でもイラっとします。

例えば「お茶入ったよ」といった日常会話でさえ、「声がうるさい」「そんなことは、見れば分かる!」と反発されます。

それを毎日のように言われた側は、「もう無理。この先もこんなことが続くのは耐えられない!」と思う様になります。

とても困るのは、お互いに更年期障害の症状になってしまったとき。売り言葉に買い言葉。関係は悪化します。

冷静な判断がお互いに出来なくなっています。このままでは、夫婦は崩壊。熟年離婚の何割かは、このような更年期障害などの病気の可能性も考えられます。

はっきりとした調査ができないのですが、今後の研究で驚くべき結果が得られるかもしれませんね。

離婚を決断する前に精神科を受診

離婚は役所に提出すれば、すぐに別れられます。しかし、復縁するのは難しい。

もし数年後、更年期障害やうつ病が原因で別れたのだとしたら、病状が回復したときに、精神的に喪失感が襲ってくるかもしれません。

そうなったとき、精神的に耐えられなくなり・・・最後に、悲劇を迎えることにもなりかねません。

そこで最悪の決断をする前に、お互いに異常がないか精神科を受診すべきだと考えます。あるいは、体のどこかに異常(例えば脳腫瘍で性格が変わるケースもあり)が見つかることも。

あなたや、パートナーが下した離婚という結論は、もしかしたら更年期のイライラが離婚の原因かもしれません。

それをハッキリさせるためにも、まずは精神科で専門の医師に相談するのがベスト。

下記も読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする