アクションカメラの空色が青すぎるのを調整する方法

青い空と太陽

空が青い。

目で見るよりも、青色が濃いアクションカメラが多い気がします。

SJCAM SJ4000やLEVIN 防水 スポーツカメラ 12MPは、同じ様に青が強く調整されているようです。(あくまでも私の感覚です)。

好みの問題もありますが、不自然だと感じた方は、カメラの操作パネルから変更してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ホワイトバランス

これで決まり!

色に影響を及ぼす設定はホワイトバランス。カメラによって呼び名は異なりますが、おおよそこんな感じになっているハズ。

  • オート(自動)
  • デイライト(晴れ)
  • 曇り
  • タングステン
  • 蛍光灯

通常はオートでOKですが、色味を変更したい場合は、晴れ、曇り、タングステン、蛍光灯に変更します。

本来は真っ白な紙などを撮影して、それをカメラに白だと認識させて光源の影響を補正するものです。

その簡易版を設定できるのが、このホワイトバランス。

まずは、自分のカメラがどんな特性なのかを確認してみましょう。

色鉛筆での比較画像のサンプル

自然の草木は、生える場所や時期によっても色が異なったりするので、色鉛筆を使ってそれぞれ撮影して、ホワイトバランスのカメラのクセを比べます。

動画と写真で色に違いがあるのかを確認して、同じであれば写真で試すことに。

色鉛筆の色合いの比較

256色に落としているので、少しのっぺりした画像になっていますが、色調に差がないことが分かると思います。

そこでホワイトバランスの違いを、写真を撮影して比較しました。

露出はオート、画質はファイン。

白い紙の上に並べて撮影しているので、両フチは本来は白色です。

SJCAM SJ4000やLEVIN 防水 スポーツカメラ 12MPで設定できるホワイトバランス、次の5つ。

  • オート、デイライト(晴れ)、曇り、タングステン、蛍光灯

下記のように室内で撮影しました。

iroenpitu-hikaku02

いかがでしょう? こういうサンプルを撮影して、手持ちのカメラの特性を把握しておくと、補正の参考になります。

ホワイトバランスの違いが、なんとなく傾向として分かるのではないでしょうか?

デイライトは、オートよりも鮮やかな色合いになっています。黄色に注目すると分かりやすい。

曇りは、さらに色が鮮やかに色調が補正されていますが、白がグレーっぽくなっています。

タングステンは、黄色が緑っぽい色調に補正されています。赤色もピンクや沈んだ色合いになっています。

オートと蛍光灯は同じように見えます。蛍光灯の下で撮影しているので、自動でホワイトバランスを蛍光灯に設定しているのでしょうね。

色合いは目視に近いですが、黄色の彩度が少し低く感じます。

青すぎる青色を抑えるなら、曇りで撮影すれば良いことが分かりました。

屋外で撮影した画像は、こちらで公開しています。

室内撮影で気づいたこと

6000円以下(2016年11月初旬)で買える、SJCAM SJ4000やLEVIN 防水 スポーツカメラ 12MPで撮影しましたが、室内撮影で気づいたことがいくつかあります。

  • 蛍光灯では、窓からの光を遮断すると光量不足でノイズが多い。
  • 自動でISO感度が400に設定されると思うのですが、そもそもこのクラスのカメラは、静止画(写真)撮影は、解像度が低くキレイな画像を得られにくい。

まとめ

青空が不自然に感じたら、ホワイトバランスを『曇り』に設定すると、落ち着いた色合いになります。

でも私は青い空が好き。

デジカメでもっと青い空を撮影したくて、偏光レンズを使っていたくらいです。

SJCAM SJ4000やLEVIN 防水 スポーツカメラ 12MPで撮影するときは、青が強く出るオートで撮影しています。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする