彼女と冬のデートする場所で困ったら、いちご狩りで決まり!注意点あり

デートシーン

デートで彼女、または彼と出かけたい。

でも冬になると、寒くてお出かけするのが億劫になりませんか?

そんなときは、ビタミンCたっぷりのいちご狩りは楽しい。女子はお肌にビタミンCが良いのを知っているのでたくさん食べ過ぎちゃう傾向があるかも。

でも注意点があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

冬のデートでいちご狩りするときの注意点

注意点と言っても、いちごの採り方の注意点ではありません。

寒い冬でもビニールハウスは温かいのが一般的ですが、予想よりも寒いところもあります。

そこで注意点をまとめました。

いちご狩りの注意するポイント

説明する女性

  • 足元が寒い。← 冷え性の女性はつらい。
  • いちごの汁で汚れる場合あり。← ハンカチをすぐに取り出せるように。服が汚れることも、ごく希ですがあります。
  • 食べて30分くらいすると、トイレに行きたくなります。← さりげなくトイレのある場所に移動しましょう。
  • いちご狩りしてから1~2時間もすると空腹になります。
  • 予約しないと、人気なので厳しい。
  • 1時間くらいは屋外にいるので、冬でも日焼け止めは塗っておくのがおすすめ。

いちご狩りの場所は足元にも注意

最近のいちご狩りは車椅子で出来るところもあるので、足場が良い所も増えています。

靴を履いている女性

でもまだ歩きにくいところもあります。履き物には注意するようにしてください。ハイヒールは彼女に避けるように伝えましょう。

その為にもまずは、足場がどんなところなのか、事前に調べてから彼女を誘うように。もちろん、そのことを彼女にも伝えてくださいね。

トイレにも配慮をお願いします

女性とのデートでは、トイレの問題に注意してください。二人の関係性によっては、気軽に「トイレに行きたい」と言えない女性もいるので、その辺りはさりげなく察してください。

猫のトイレ

ストレートに「トイレ大丈夫?」と聞かれると、恥ずかしくなってその後の会話ができなくなることも。

そんなときは、いちご狩りの後に近くで食事にいく流れにしておくと、自然とトイレにも行けます。

スイーツも普段なら良いのですが、甘い苺を食べたあとはくどいかもしれません。

我が家では、香ばしいサクッとした鰻が定番です。

うなぎ丼

これが美味しい♪

彼女が鰻が嫌いかもしれないので、事前にリサーチしておくと良いですよ。こういうのは、前ってさりげなく会話の中に入れ込んで調べておくと、サプライズにもなります。

いちご狩りをサプライズにしても楽しいかも。

ちょっとめんどくさいかもしれませんが、そういう気配りがさりげなくできる男性か、女性は自然とチェックします。『※注 鈍感な彼女だと意味がありません(涙)』

※甘いいちご、練乳をたっぷりつけてお腹いっぱい食べ過ぎると、血糖値が上がって空腹になる時間が遅くなることも。

結婚してからも想い出になるいちご狩り

いちご狩りは、将来、家族でいったときの楽しい想い出になります。

「お父さんとお母さんが、まだ結婚してないときに初めてきたのが、ここなんだよ。」

車でお出かけ

私が結婚前に行ったところに、いまは家族で出掛けていますが、当時のことを思い出します。もちろん失敗もありますが、それも含めて楽しめると良いですね。

いちご狩りの時期|予約は必須ですよ!

いちご狩りは人気なので、1ヶ月くらい前から予約しておかないと、せっかくのデートで行けなくなります。

12月末~1月のお正月くらいから、いちご狩りがスタートします。5月のゴールデンウィークくらいまで、いちご狩りはできますがあまりおすすめ出来ません。

もっとも大きく美味しいのは、1月の初めです。いちご狩りに行くと分かるのですが、初生りは大きいのですが、徐々に小さくなり4月になるとかなり小粒になってしまいます。

もしデートに誘うなら1月の早い時期がおすすめ。かなり大きくて感動します。← 品種によっては1月でも小さいいちごもあります。

二人の楽しいイベントになると良いですね。

アウトドア派の彼女にオススメ。

参考 彼女とデートで釣りに行くために大切なポイント・注意点まとめ

こちらも読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする