人工知能A.I.が癌細胞を倒す明るい治療法が確立される未来

人工知能と癌

人工知能(Artificial Intelligence:AI)は、癌細胞を根絶できる。

もしそんな治療法が確立され、大切な人が助かる明るい未来が来るとしたら、それでも人工知能の進化を怖がりますか?

もちろん全知全能ではありません。それをプログラムして命を吹き込む人間の資質が問われています。

この記事では、明るい未来という視点でまとめています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

人工知能AIにできること

ysp-mirai

人工知能はあくまでもコンピューター。超高速に精密に計算するのが得意。

しかし、すでに私達の思っているコンピューターという概念からは想像できないくらい、進化しつつあります。

最適な道を発見できる

指を差す女性のイラスト

例えばネット通販をお世話になっている宅配便などトラック輸送。

アメリカではすでに人工知能を使って、もっとも最適なルートを見つけ出すのに実用化されています。

人間では計算できない複雑な経路も、人工知能なら高速で答えを見つけ出せるので、もっとも早く、もっとも燃料を使わずに複数の地点を結ぶルートを計算してくれます。

これによってお客さまにメリットが生まれるだけではなく、燃料というコストも低減でき環境にもやさしくなります。

癌を発見できる

人工知能:「画像上に癌の疑いのある部位を発見しました」。

人間では発見できなかった癌も発見しました。

どうぞ こちら

人工知能は人間では判断できないような癌でも、膨大なデーターベースを参考に発見できるようになってきました。

小さな癌も見つられる

画像にその兆しさえ現れれば、人なら見落とす、いえまだ癌と判断できない小さな異変にも警告を与えてくれます。

その発見を元に、さらに人が詳細な検査をすれば、見落とすこともなくなります。

人工知能によって、世界中の医師の知識や技術レベルが均一に、しかも最高レベルになります。

外科手術も最新・世界均一

どこの病院でも同じ医療が受けられる。

人工知能が医療の分野で活用されると、どこの病院で手術しても同じレベルになります。

世界のどこかで、新しい症例に基づく手術がされると、瞬時に世界中の人工知能に、その情報が伝達されるので「知らなかった」ということもなくなります。

笑顔

しかも名医の行う外科手術を学習しているので、それを超精密なロボットが行うことができます。

もう世界的な権威の医師を半年も行列をつくって待つ必要はありません。

そしておそらく、世界的な権威のある医師の技術が人工知能に記憶されるので、そのプログラムは、名医の名前がつくに違いありません。

癌の治療法の研究も365日24時間

人工知能はブラック企業なんて言わない。

人工知能に休息は必要ありません。人間が行っていた研究は、すべてロボットに置き換わります。

癌の研究は365日、24時間、行ってくれます。休日も有休休暇も関係ありません。ブラック企業という言葉も死語になるでしょう。

単純でめんどくさい仕事は、全て人工知能とロボットがやってくれます。

研究の情報は瞬時に分析され、研究の方向性も刻一刻と進化します。

またロボットなので、超精密に高速に作業をすることができるので、人間の数十倍もの早さで研究が進むことが期待できます。

まとめ

自分自身を進化させる人工知能が完成したら、治らない病気はなくなる。

人工知能は人間のあらゆる技術を学習し、自分自身のプログラムさえ書き換え、更に進化させます。

「コンピューターは人間には叶わない。それは想像できないからだ!」

そんな声も聞こえてきますが、本当にそうでしょうか?

すでに創造性の高い分野にも進出しています。おそらく、これからこんな分野でも活躍するでしょう。

  • 画家
  • 音楽家
  • 料理
  • 職人、工芸
  • コンサルタント
  • 精神科医

これまでは「無理だろう」とい分野に、確実に参入してきます。

その時代には、癌は根絶か、少なくとも命を落とす病気ではなくなっているはずです。

「でも人工知能って怖い」という方へ。

感情だけで人の命を奪う、予想不可能な行動をする人間の方が、よっぽど怖い。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする