蚊に刺されやすい人は血液型で?人体実験で分かった意外な理由!

蚊

O型は蚊に刺されやすい。

蚊が好む血液型は、O型だと実験で確かめられています。

ところが、それだけではない別のある原因も、ある人体実験で分かりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

家族を巻き込んだ迷惑な蚊にさされる実験

人体実験と言っても、怖いものではありません。家族を蚊の多いところに誘導しただけですから^^;

私の家族はすべてO型

旦那の親も自分の親もすべてO型。しかも妹の夫婦も同じ型。ちょっと珍しくありませんか?

えっと、話しがズレたので元に戻しますね。

仮説

つまり全員が同じ血液型なので、蚊がいればみんな刺されることになります。

実験

そこで花火大会に家族を連れていきました。ただし草むらの多い場所^^;
長島花火

電池式の蚊取り線香、虫よけスプレーも私が持っていくことにしていたので、誰も対策していません。ところが・・・現地に到着したら、虫よけを玄関に忘れてきたことにしました。

家族からは激しくバッシングされましたが、そこは実験。平謝り。みんなホントにゴメンなさい。ただ花火が打ち上がると、気がそれたようです。

さて、その実験、どうなったのか、意外な結果がでました。

蚊にさされた人、さされなかった人

  • 蚊にさされた人・・・子供、旦那
  • さされなかった人・・・私、母親

子供は複数箇所さされて、ひどいことになりました。ほんとにごめんなさい。

旦那は2カ所さされましたが、あまり赤くなったり腫れたりしませんでした。

蚊に血を吸われる

症状は家族でも、人によって違うみたいですね。

私の周りにも蚊はなんとなく集まってはきましたが、刺された感じはなく腕も露出していましたが、全くさされた跡はなし。

このことから、血液型がO型でも蚊にさされない人もいることが分かりました。

実はこの実験をする前から、私は蚊にさされにくいのは、何となく分かっていました。ある意味、確信犯かも。ほんとみんなごめん。

刺されない人は刺されているかも?

疑問を感じた女性

以前、NHKの番組だったか、記憶が定かではありませんが、同じ種類の蚊に何度も刺されていると、免疫ができて刺されても赤く腫れないようになるという。

もしかしたら、刺されているけど気づいていないだけかも。

そういえば子供の頃、よく外で遊んでいて虫さされがひどくて、ムヒのお世話に何度もなっていたのを思い出しました。

老化すると刺されない?

困った女性

嫌な情報があるのですが、そもそも蚊は皮膚からでる二酸化炭素を目指して集まってきます。

でも老化すると、新陳代謝が低下するので、二酸化炭素の出る量も減るので、蚊に刺されにくいと言います。

「つまり私の体は老化してるってこと!?」ちょっとショック。

だから子供は刺されやすいのか・・・ ← 軽く認めた^^;

だから「私、蚊に刺されないんだよ」なんて自慢げに話すのは辞めた方がよさそう。

その他

その他、こんな人も血液型に関係なく、蚊に刺されやすい。

  • 汗をよくかく人(太っている人)
  • アルコールを飲む人。
  • 体温が高い人。
  • 妊婦さん。

汗をよくかく人も新陳代謝が活発で、蚊が寄りやすい。汗の成分にも蚊を引き寄せる効果があるという。

男性の人は刺されやすいという説もありますが、主人はあまり刺されません。年かな・・・

下記も虫さされの人に読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする