ペットの蚊の対策!ためしてガッテン流のペットボトルはダメ?人気ベスト3はこれ!

蚊が絶滅した。

そんなニュースが流れたら、祝杯をジュースでやりたい。

蚊

残念ですが、玄関から外にでると蚊が近寄ってきます。ペットを飼っているお宅では、病気の心配もあるので深刻ですね。

そこで蚊を寄せつけない、あるいは駆除する人気の方法をまとめて紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

蚊を集めて退治する方法

rank3

ちょっと手間がかかりますが、効果は抜群の方法。

ペットボトルをとメダカを用意します。

ペットボトルに水を入れて、家の周りのいくつか置いておきます。直射日光が入らないように、周りを黒く塗るか黒色のビニールで覆います。

雨が入らず、少し日陰に置くとベスト。数日すると、近くにいた蚊が卵を産むために近寄ってきます。ボウフラが湧いたら、メダカにエサとして与えます。

こんな感じで、食べてくれます。

デメリットは、ペットボトルを忘れていると、ボウフラを養殖したのと同じ。蚊がどんどん増えます。

ためしてガッテンでも紹介の蚊取りペットボトル

rank2

ためしてガッテンでも紹介されました。

デング熱などで悩む熱帯地方では有名なのですが、ペットボトルに蚊をおびき寄せて、やっつける方法があります。

蚊は二酸化炭素で集まる性質を利用して、ペットボトルで二酸化炭素を発生させます。

中には液体が入っているので、近寄った蚊が水でおぼれてしまうという作戦です。フィリピンなどで成功しているもので、効果は確認済み。

用意するもの

  • 1~2Lのペットボトル
  • 45℃のお湯(お風呂よりちょっと熱め)
  • 砂糖や黒砂糖。ブラウンシュガーを使うのが定番のようです。
  • ドライイースト2g(パンを発酵させるのに使われるものです)。

手順その1

1、ペットボトルを写真のように加工します。

ペットボトルを加工

2、お湯を入れ、砂糖50gを完全に溶かします。

3、お湯が冷めないうちに、すぐにドライースト(イースト菌)2g入れます。

4、ペットボトルを黒いものや、アルミシートで光を覆います。

アルミシート

5、雨のかからない軒下や縁側、玄関付近など、蚊がいそうな場所に放置します。

風が強いと飛んでしまったり、転倒するとアリが寄ってくるので注意してください。

どうして蚊が集まるの?

秘密は炭酸ガス。

砂糖の溶けたお湯に、ドライイーストを入れるとイースト菌が発酵して二酸化炭素を放出します。それに蚊が引き寄せられ、ペットボトルの水の中でおぼれて・・・という流れです。

この方法にもデメリットがあります。本来は熱帯地方で最適化された方法なので、日本では気温が低く、発酵が途中で止まってしまい、思ったほど蚊を引き寄せられず、失敗するケースが多い。

ただし置く場所が良ければ、蚊は集まってきます。だって、空き缶に残った水にすら蚊は卵を産むくらいなのですから。

でも、この方法でも蚊を完全に退治するのは難しいでしょう。また効果は長くは持続しません。1週間に1度は交換しなければならず、これがけっこう面倒です。

また雨が入ってしまうと、ボウフラが繁殖してしまうので逆効果になります。

日本の夏はペットにも蚊取り線香

ランキング1位

やっぱり香取線香。

最近はペットや赤ちゃんにも優しい香取線香が発売されています。従来のものを改良して、体の安全面により配慮された商品になっています。

除虫菊 蚊取り線香

こちらの記事で詳しく紹介しています

参考 天然・除虫菊の蚊取り線香

薬剤のアレルギーなどがなければ、電池式のタイプを使っても良いと思います。我が家では併用しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする