かかとの靴擦れで痛い!注目の靴擦れ防止グッズが格安なのにすごい!

kutu-asi

「あ、痛い!」

かかとの靴擦れ、どうしてもなっちゃいます。

新しい靴を履くときは、なるべく短距離を歩いて足に馴染ませるようにしています。それをしないで、いきなり長時間あるくと、靴擦れしてしまいます。

それが分かっていても、おろしたての靴で、出かけちゃうことがあります。

そんなときは、靴擦れの防止グッズがあると助かります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

注目の靴擦れ防止グッズ

新しい靴を履くときに必須のアイテム

靴擦れの原因は固い靴が、足の形に馴染んでいないから。対策として、かかとに力が集中しないように靴擦れ防止グッズで和らげます。

類似品があるのですが、この商品は性能が良いです。

これがあるのと、ないのとではかなり違います。厚みがあるのでクッション性が期待できます。

もし、何もしないと靴擦れで、みずぶくれができて痛みが増しますが、このアイテムのおかげで、急なお出かけも楽になりました。

まとめ買いされる人は、自分用だけではなく家族用や、リピートのためのようです。

心配な方は悪化しないように、早めに靴擦れ防止グッズを使いましょう。

靴擦れする原因ってなに?

スニーカーでもサンダルでもハイヒールでも、靴擦れする人と、ぜんぜん平気な人がいます。

原因はいくつか考えられます。

  • 皮膚が硬い。
  • 皮膚が柔らかすぎる。
  • 靴の形と足の形が合っていない。
  • 歩き方にクセがある。
  • 激しく動いているのに気づいていない。

とくに靴と足の形は合わない場合が多い。

靴は、一般的な足の形にしか合わせられません。日本中の人の足の形にすべて合うような靴を作っていたら、在庫の山になってしまいます。

足の指の形や長さをとっても、人それぞれ。平気な人は、ちょうど標準的な足になっているのです。

すべての人には合わせられない

どうしてもコストの問題で平均値でしか靴を作れないので、それに合わない人は靴擦れします。足のつま先が窮屈なのも、それが原因です。

また足の幅が広い人、狭い人もいるので、靴のサイズを合わせただけでは、実際にはフィットするのか分からない。

とくにネット通販で買う場合は、足の形に合わない場合は返品できるところがおすすめです。それでないとムダになります。

我慢して履くと、外反母趾など別の病気になってしまい靴代だけではすまなくなります。くれぐれも、靴は自分の足にぴったり合ったものを買いましょう。

靴を修正するグッズも販売されています。

参考 靴の形を修正するグッズ

■関連記事

水ぶくれができたときの対処(治す方法)

みずぶくれは、無理につぶしてはダメ。

潰すと、皮の下は皮膚の柔らかい生まれたても赤ちゃん肌なので痛みやすい。

さらにその皮膚も破れると、化膿して悪化します。さらにひどい痕が残るので、水ぶくれはつぶさないようにしましょう。

皮膚科でお薬をもらうのが良いのですが、時間的にいけない場合は、ドラッグストアで薬剤師さんが在中しているところにいきます。商品の選定のアドバイスをもらうのが安心です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする