乾電池1本でパワーLEDが明るく点灯!HT7750Aの『ある回路』がおすすめ!

乾電池1本で、明るく照らしたい。

そこでいろいろ取り組んだわけですが、1つの回路をのぞいて20mA以下の電流しか流せませんでした。

最高でも16mA。(詳細:【ブレッドボードで実験】1.5Vで昇圧!パワーLEDを点灯させたが限界を感じた

しかし、HT7750AというICを使えば、簡単にパワーLEDを明るく照らすことができました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

HT7750Aはすごい!

HT7750AというICを使って、実際に回路をユニバーサル基板にハンダづけして、電流を流したら、パワーLEDを直視できない明るさに!

マウスで使えなくなった乾電池でも、そこそこ明るく点灯したので最強の回路だと思います。

電流を制限すれば十分に使える

ポイントは、HT7750Aのデータシート(ht7750を使うときに必要な詳細なデータがまとめられたPDF)に掲載されている回路を使ったこと。

ステップアップDC/DCコンバータというもので、乾電池1本ほどの低電圧でも頑張って5Vに昇圧しようとしてくれるIC。

実際に作った、当サイトオリジナルな表示形式の私流の回路図。赤いラインは、裏側の配線です。ICはHT7750Aです。

HT7750A-5V-昇圧回路図

この回路は、乾電池1本で電圧が5Vに昇圧できます。

    部品はこちら。

  • HT7750A 秋月電子さんで5個入りで200円。
  • マイクロインダクタ 47uH
  • ダイオードIN5817(電流が低ければ1588でも4148でも可)。
  • 電解コンデンサ100uF(セラミックコンデンサでもOK)
  • 抵抗 68Ω(電流制限用)
  • パワーLED 1W

新品の乾電池で、私がよく使う60~90mA程度の電流なら十分に機能してくれます。

ただしあの回路、電流制限をしないと予想以上に電流が流れる恐れがあるので、LEDが発熱して暴走してしまい、極端に短い寿命を迎えてしまうかもしれません。

そこで抵抗を入れて、どれくらい光るか試してみました。

HT7750A-5V-data

乾電池 1.5Vの時のLEDに流れる電流と抵抗の実測値。

抵抗 LED電流(mA)
68 32
51 42
33 54
24 69

乾電池1.2Vの時。

抵抗 LED電流mA
51 13 

69mAくらいになると、かなり明るいので実用性は十分にあります。

実際に使う場合の注意点

HTT750が実際に乾電池でどれくらい使えるかテストする場合、定電圧の電源を使う場合と、実際に乾電池で使う場合では、流れる電流に違いがでてきます。

これで決まり!

例えばスイッチング電源などで例えば、アルカリ電池で安全に使えるギリギリの電圧、0.9Vでテストする場合。

かなり電流が流せますが、いざ1.1~1.2V程度の乾電池で使うと、電流が半分も流れないケースもざらにあります。

LEDを点灯させた状態で、乾電池の電圧をテスターで測定すると、0.9V以下に下がりました。

つまり安定した電源(ACアダプターなど)で測定した電圧と、実際の乾電池では流れる電流が異なります。

もし回路を組む場合、どれくらい低い電圧で明るさがあるかを調べるなら、自分が使おうとしている乾電池で、実際に点灯してみることをおすすめします。

なかなか計算通りにいかないです。私の場合は、いつも現物合わせで抵抗値を変えます。これが一番、失敗がないと実感しています。

まとめ

実用的な回路を見つけられました。

最初、格安ブレッドボートでイマイチな結果でしたが、だからといってダメだと決めつけないことです。実際に使う基板で試してから結論を出すようにしています。

私はユニバーサルボードで作るので、実際に半田付けしてテストしたら5Vの安定した電圧を発生してくれました。

あの程度の負荷(電流)であれば、十分過ぎます。

電子回路としては、初心者向きの回路なので、練習用にぴったり。ぜひ一度作って遊んでみてください。

参考 すぐ使える!パワーLED用の定電流回路を自作するならこのモデル!【実用編】

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする